人気ブログランキング |

サックス🎷

こんな時代が始まって、サックスを吹く時間が多くなってきました。
吹けば吹くほど思うように動かないわが指に絶望してしまう。つかめないテンポ、リードも決まらない。
こんなに難しいことを寛やJeff Sheetsはいとも簡単に、しかも楽しそうに演っている。楽器は違うけれど心から尊敬してしまう。そしてうらやましい。
子供のころからのコンプレックス。それが音楽ミュージック。
60を超えてついに手にしたテナーサックス。ドキドキしながら初めて音が出た時の喜び。音階を覚えて、楽譜をたどりながら曲をなぞる楽しさ。それだけでよかったはずなのに。少しづつ自分の音の薄さ、醜さに気づく。辛さが募り、みじめな気持ちにさいなまれる。
音楽が体で理解できている人は「楽しめばいいんだよ。」と慰めてくれる。
思い描く自分と現実の自分のギャップは俺を苦しめる。叫びたくなる。「こんなんで楽しめるかい。」
それでも、時々、ほんとのたまに訪れる「今の音は良かったかも。」「指が勝手に動く。」と感じる瞬間がある。でもそんなときに限って誰も聞いてくれていない。コロナのせい?違うね。めったに来ない至福の時に誰かがそばにいてくれる確率は限りなく低いということ。もう少しひとりでじりじりしながら吹いてみようか。 

ピカピカに 心が萎える サクソフォン
教えるときには やさしくする 今度から
自在に 遊びたい ディスクのように

Sax

Because of recent situation my playing thesax time is increasing. As I play I get disappointed at my fingers that don’tmove the way I want them to.

Cannot catch up with the tempo, cannotdecide which lead to use.

Such a difficult things, but Hiro and JeffSheets are playing easily and also happily. Not the same musical instrument,but I respect them from my heart.

And I’m jealous.

I have had a complex about music from mychildhood.

I finally got my first Tenor Sax at the ageof 60.

Joy of hearing the very first sound from mysax with my heart beating. Excitement of learning the musical scale and playingmy sax as the musical score says. These are all what I wanted. But step by stepI realized my sound poor and ugly. That caused me pain and I felt miserable.

Persons who understand music by their soultell me “Anyway enjoy it”.

There is a big gap between my ideal soundand my real sound. I suffer from it.

I am about to scream, “How can I enjoyit!”

Even so, sometimes there are some moments Ifeel “Wasn’t that sound good?”, “Oh my fingers move smoothly!”

Right when like that no one is listening tothe sound. Why? Because of Coronavirus?

No. Anyone is scarcely beside me at therare bliss moment.

So I will play a little more by myself,with worry.

Saxophone, glittering and withering.

When I teach I’ll be nice from now on.

I want to play at will like disc dog.

# by dogtownfactory | 2020-05-21 17:10 | dog sports

やっぱりusddnのこと

2008年にWorld Finalsの開催地をケンタッキーのルイビルからジョージアのカータースビルに移したことで、USDDNは気候の安定やルールの浸透なども相まって年々成長を遂げ、世界のDisc Dog界において重要な存在にとなりました。
勿論,その陰には故Melissa Heeterやその後を引き継いだLaura O′Neil、そして、運営を担ったGAD&DCの面々のたゆまぬ努力があったのは言うまでもありません。
今年はカナダのオタワで開催することが発表され米国選手の移動や新たな場所での運営の大変さを思うと少しだけ不安を感じます。でも、Pat Nadarajahを始めとする頼もしい運営の面々の顔ぶれを思い浮かべると「絶対、大丈夫!」との思いも同時に浮かんできます。
よろしくお願いします。僕らが手伝えることなんでもします。
さて、今年はカナダで開催されるWorld Finalsですが,来年のPoland開催も正式に発表されました。おめでとうPoland。おめでとうヨーロッパ。
新たなスタートを切ろうとしているUSDDN。ついでに、今後3~5年くらいのビジョンについても発表してくれれば、それに沿って日本を始めアジアのディスクドッグ界も動きを決めていくことになります。
ガンバレUSDDN!

Still about USDDN

In 2008 we moved the World Finals fromLouisville in Kentucky to Cartersville in Georgia. Then USDDN grew up everyyear and become very important one in the Disc Dog world. May be the stableclimate in Cartersville and the USDDN rules widely spread also helped thegrowth.

Melissa Heeter achieved the success andof course I know there are untiring efforts of Laura ONeil who took over it from Melissa. Also we cannot forget aboutmembers of GAD&DC in charge of the management.

This year the World Finals will be heldat Ottawa Canada. I worry a little about American players transfer or difficulty of running such a big event in new place.But when I think about not only Pat Nadarajah but also reliable staff members,I can say Surely we can do it!

Lets go for it! We will help anything we can.

By the way they already announcedofficially that next year the World Finals will be held in Poland.Congratulations Poland. Congratulations Europe.

USDDN is about to make new start. If wecan have another 3 to 5 years future vision of USDDN Japanese and other Asiandisc dog countries can make the future plans.

Go for it USDDN!


# by dogtownfactory | 2020-02-13 01:26 | dog sports

再開。5年ぶり?

いろいろなことがあり、ブログを中断しました。
その間に一番大切な人を亡くし、ドッグスポーツへのモチベーションを見失いつつ、やっぱりこの世界で犬まみれになって生きています。やめるという選択肢は見つけられず、犬と生きるというのは自分の人生そのものだという事実に突き当たり、歯を食いしばりつつ、すこぶる楽しい人生を送っています。
ということで、ブログ再開です。

ディスクドッグはMelissaメリッサが去ってから、少しづつ少しづつ変化を重ねてきました。メリッサがまいた種が徐々に育ち、実を着けてきました。結果、ルールの浸透と安定したジャッジングが実現し、世界各国からの参加チーム数は年々増え続け、UsddnはWorld Championship世界大会と呼ぶにふさわしいトーナメントに成長しました。
しかし、Usddn World Finalsは大きな成功をもたらしたCartersville(GA)の地から、今年はカナダに移ろうとしています。日本や韓国、中国といったアジア諸国にとっては、直行便のフライトがあり、犬の輸送も容易になるので歓迎する向きもあるけれど、Georgiaという地を離れがたい思いが残ります。
Usddn はカナダでの開催が間違っていなかったことを世界に示す必要があります。今や、Usddnはこのスポーツにとって大切なCompassになっているからです。ドグタウン工房としてもYachi Hirai個人としても、可能な限りのサポートをさせてもらう覚悟です。頑張ってほしい。 Go!USDDN!! Go for it !!!!

# by dogtownfactory | 2020-01-27 22:13 | dog sports

コンペティションが好き。

長年、コンペティションの場にいて感じた事。

年齢や国籍、性別、人物等、余計な要素を外してーーー身内も外します。
揺るぎないポリシーを「持っているなあ!」と感じたのはSabine Wolff サビーヌ・ウルフ。
スローが「一番、上手い!」と感じたのはPreston Deanプレストン・ディーン。
スローが多彩なのは、Laurence Frederic ローレンス・フレデリック。
技が多彩なのはTony Hoardトニー・ホアルド。
華があって「スター!」に見えたのはTracy Custerトレーシー・カスター。
キャラクター、実力を兼ね備えて「強いなあ!」と思ったのは、Tod Duncanトッド・ダンカン。
いっぱいトレーニングして、「偉いなあ。」と感心したのはChuck Middletonチャック・ミドルトン。
一緒に、トレーニングしたら「楽しいだろうな。」と思ったのはRon Watsonロン・ワトソン。
スタイリッシュで「お洒落だな!」と好きになったのはMatt Bilderbackマット・ビルダーバック。
ディスクドッグ界の花形はKirby McNabカービー・マクナブ。
運動神経が半端なくいいのは、Lucka Shenova ルツカ・シェノヴァとMichael Androvaミシェル・アンドロバ,Lucka plevovaのチェコガールズ。
面白くて、どんどん良くなってきて、「観てみたい!」のはAndrew Hanアンドリュー・ハン。
「男前だな!」と驚いたのはアンドレア・リグラー。
この人に、「教わりたい!」と思ったのはPam Martinパム・マーチン。
そして、このプレーヤーとは「本気で戦ったら、勝てない。」と思ったのはMelissa Heeterメリッサ・ヒーター。
いつまでたっても、コンペティションが好き!

# by dogtownfactory | 2020-01-27 21:34 | dog sports

テキサスチャレンジ

世界で一番古いディスクドッグのクラブDallasDiscDogClubの協力を得て、テキサスでセミナーを開催してきました。セミナー自体は大いに熱のこもった良いものになったと思います。恒例の真珠色の涙も見られたし、参加したアメリカのプレーヤーの心に残るものになったはずです。その辺りの雰囲気はFB上で確認してください。ちょっとKYな書込みもあるけれど、新しいディスクドッグが始まっているんだという事だけは伝わったはずです。現役の世界チャンピオンたちが参加してくれていたのも収穫でした。彼らが今回をきっかけにして、新しい姿を見せてくれて、活躍してくれるのが何よりの楽しみです。彼らはもともと、実力があることは知られているので、今回のセミナーで見違えるようになっていたことが大きな成果だったと思います。

勿論、どこでやっても最後は、スマイルとAHOのYachi's Methodに行きつくんだけど、今回はディスクドッグの故郷での初開催だったので 、一応、JINGIのようなものをきらせて頂きました。英語版はMonaとMioに書いてもらいました。興味のある人は読んでみてください。
今回のセミナーを支えてくれたPam.Martinに心から感謝しています。そして、わざわざ600マイルの彼方から駆けつけてくれて、元気な姿を見せてくれたMelissa Heeter にも最高のありがとうを言わせてください。メリッサ本当にありがとう。


Dallas seminar

Hello everyone.

Welcome to my first seminar in United States!!
I have held “Yachi’s Method Disc Dog seminar” in Europe, China, South America, Japan, and Canada many times. And this time, it’s a great honor to be able to give you the seminar in USA which is a home country of disc dog in a sense. I really appreciate for you coming to this important seminar today.

To tell the truth, almost everything what I am going to tell you today is what I've learned from great players in United States for these 15 years.
You know Todd Duncan, I learned sportsmanship from him. May be you don’t remember, but Todd always runs out to pick up discs on the field after his rival players finished their routine. And I learned wonderful dog catch and smile from Tracyテキサスチャレンジ_b0088395_5335817.jpg Custer.
Also, I learned importance of ideal back hand throw from Chuck Middleton, and what is the disc management from Steven Heeter, how cool is jumping shoulder throw from Ron Watson.
Pam Martin taught me happiness that this sport can give others and so many dog training skills.

And, Melissa Heeter taught me field presentation which we Japanese think a great deal of, and principle of disc dog freestyle sport.
You know I live in Japan which has really different culture from USA, and I have watched this sport in USA objectively for many years. In this seminar, I am going to talk about all I got in these years from USA and the basic policy in my own way.

First of all, I want to tell you about very simple thing that this sport consists of three elements, player, dog and disc. We have to show these three elements on a field well-balanced. For example, even if a player showed a great systematic move or dancing move like Michael Jackson’s, the routine in which audience cannot remember how the dog was, is not good play at all.
For example.

On the other hand, even if a player showed awesome throwing skill in a routine, it is worthless if no relationship between dog and player can be seen.
This is to say, we have to showcase to the others how player and dog are enjoying this sport using discs well-balanced. And this is how disc dog free style sport should be.
USDDN rules are made up to give fair evaluation to the teams which can show these three elements in good balance. Such way of thinking is not only in disc dog. Other free style sports like figure skating or snowboarding have rules that players can not win if they cannot represent various elements in a good balance. We Japanese players always ask ourselves if our routine have these three elements in a good balance.

The next thing we think important is, not using one trick twice in a routine. For example, Shaun Hirai who won USDDN National Final three times in a row has never used same throw or same trick twice in his routine. This idea is necessary in order to show as many things as possible in good balance in limited 120 seconds.
For example.

I always tell others especially my sons and their friends,
“You are competing with rivals in front of you, but not only with them. Your rivals are also in dog sledding, agility, and flyball world. All other dog sports players are your rivals, too. So you should play proudly as a player for disc dog world championship!”

To be continued. 続きは、セミナー会場でね。


Dallas セミナー
皆さん、こんにちは。
USAで初めての僕のセミナーにようこそ!!
今まで、ヨーロッパ、中国、南アメリカ、日本、そして北米のカナダでは何度も行ってきたYachi's Method DiscDogSeminerをディスクドッグの故郷USAで行うことは本当に光栄です。
この大切なセミナーに皆さんが参加してくれたことに本当に感謝しています。

実は今日これから皆さんに伝えることは殆どこの15年間、僕自身がUSAの偉大なプレイヤー達から学んだことに他なりません。
皆さんは覚えていないかもしれないけれどトッド・ダンカンからは自分のライバルたちがルーチンを終えたときにフィールド上の散らばったディスクを拾い集めるというスポーツマンシップを。トレーシー・カスターからは素晴らしいドッグキャッチとスマイルを。
チャック・ミドルトンからはトスフェチの理想的なバックハンドスローの大切さを。スティーブン・ヒーターからはディスクマネージメントとは何かを。ロン・ワトソンからはジャンピングショルダースローの格好良さを。
パム・マーチンからはこのスポーツが伝えることの出来るハピネスとあらゆるドッグトレーニングスキルを学びました。
そしてメリッサ・ヒーターからは私たち日本人が大切にしているフィールドプレゼンテーションとディスクドッグフリースタイルスポーツの持つ理念を教わりました。
今回のセミナーは実は日本という全く別な文化で暮らす僕が客観的にこのスポーツをUSAで観察して学んだ全てを、僕なりにまとめた事を基本的なポリシーについてお話しします。

先ず初めに、このスポーツは人と犬、そしてディスクという三つの要素で成り立っているというとても簡単なことです。この三つの要素をバランス良くフィールド上で見せなければいけないということです。
だから例えば人間がどんなに素晴らしい動きやマイケルジャクソンのようなダンスムーブを見せても、演技を終えた後に犬がどんな事をしたのか思い出せないようなルーチンは決して良いプレーとは言えないということです。
又、同じ意味でどんなに難しいディスクスローイングのスキルを示しても、そこに犬と人のリレーションシップが表現されていなければ価値は少ないということでもあります。
つまり、僕たちはフィールド上で犬と人がディスクを媒体にして、どのようにこのスポーツを楽しんでいるかを余すところなく、バランス良く見せることがディスクドッグフリースタイルスポーツだと考えているということです。
そしてUSDDNのルールはこの三つの要素をバランスよく見せることが出来るチームに正当な評価がなされるように作られています。このような考えは決してディスクドッグだけのものではありません。フィギャースケートやスノーボードなどのフリースタイルスポーツは様々な要素をバランス良く表現しなければ、決して勝つことが出来ないルールになっています。私たちが日本のプレイヤーはいつも自分のルーチンはちゃんと三要素のバランスが取れているのかを自分に問いかけます。
次に大切にしていることは、同じ技は二度と使わないということです。例えば、かつてUSDDNナショナルファイナルを三連覇したShan Hiraiは一つのルーチンの中に同じスローやトリックを二度使ったことがありません。
このことは限られた120秒という時間の中で少しでも多くの事をバランスよく表現する為にはどうしても必要なことです。例えば僕自身は特に息子たちやその仲間たちにいつもこう言っています。
「あなたは、眼の前のライバル達と戦っているけれど、それだけではないんだ。犬ぞりや、アジリティ、フライボール。他のあらゆるドッグスポーツプレイヤーもライバルなんだ。自分たちが胸を張って自分たちはディスクドッグのワールドタイトルを争っているプレイヤーなんだ。と言えるようなプレーをしなければいけない」ってね。

# by dogtownfactory | 2015-05-07 05:34 | dog sports

四国、関西、北海道。

ドグタウンカップが始まります。毎年、この日に照準を合わせて1年が始まり、この日の出来次第で、翌シーズンのプランが決まる大切なビッグゲームです。日本各地から多くのチームが集い、シーズン最後のシリアスバトルが繰り広げられるはずです。
かつて、私は運営に専念すること多かったけれど、この2年は俊介、皇介の成長とともにプレーヤーとしての参加が可能になっていて、気持ちはずいぶん楽になっています。
さて、今年のドグタウンカップの傾向は四国、関西、北海道からのエントリー数が18チームに増えていることです。そして、そのいずれのチームも近年急速に地力を付けてきた強力なチームです。
これらの地域のチームに共通していることは、それぞれがディスク専用で自由に使用できる自分たちの練習フィールドをそれぞれ持っていることです。彼らは、公園の管理人の視線を気にすることなく思い切りディスクする環境を少なくとも2か所以上確保しています。このことは、群馬のドグタウン工房やバウンドバウについても同じことが言えます。こういった練習環境が選手たちのモチベーションを高め、その競技レベルを押し上げていくのだと思います。
いま、日本でディスクドッグをこころざしている人は、まず心置きなく練習できる環境に自分自身を置くことが大切だと思います。それには、一緒に練習する仲間を集い自分たちのフィールドを所有するか、もしくは既にそういった環境を持つクラブや個人に連絡して自身のトレーニング環境を整備していくことが必要なんだと思います。
これらのことは、欧米の恵まれた環境に比べるとハンディキャップのように思えるけれど、同じ場所で、複数の人間がともにトレーニングする事のメリット(他人のプレーを見られること・他人に自分のプレーをチェックしてもらえることetc.)を考えると、あながち悪いことばかりとは言えないはずです。
スノーボードのハーフパイプ界で一世を風靡した青野君は愛媛県の選手で決して環境に恵まれていたわけではありません。しかし、インドアの施設を機能的に使って、世界にその名を知られる存在になりました。
さあ、みんな自分自身のトレーニング環境をもう一度見直すことが勝利への近道だと感じませんか。そこで。新たなキャンペーンです。
■フィールドを利用するのにお金がかかるのは当たり前の時代が来ています。
■仲間とクラブを作って、自分自身のトレーニングフィールドを持とう。
■どこかのクラブに入るという手もあります。

# by dogtownfactory | 2014-10-04 01:33 | dog sports

進化していると思う。という話

チームムーブメントの進化
ルツカ・プリボバがもたらしたTeam Movementの改善は単にTeam Movementのポイントを押し上げただけではなく、これまでドライブの安定感や関係性に問題があったチームを大きく改善させてくれたと思います。劇的によくなっているK&KやK&P、Y&Pだけでなく、数多くのパピートレーニングにも大きく役立っているようです。これからも、この流れは続いていくと思うので一年後、二年後が本当に楽しみです。
スローの進化
これはもう、S&GやK&J,M&L,F&L,L&Rなどのスローを得意にしているチームがさらに新しい領域に向かっていてとどまることを知らない状態です。ちょっとついていくのが大変だけど、奴ら凄いね。
マヌーバの進化
新しいトリックが目白押しです。ただし以前のように「トリック単体の進化」というよりも、「トリックに入るマヌーバやトランジットの進化」が激しいようです。このあたりはT&KとT&KそしてY&V(自分のことか)といったベテランがいぶし銀のムーブを見せています。これは、まだまだやってみたいことがあるので楽しみにしておいてくださいな。
ルーチンの進化
こういった、数多くの進化Evolutionや改善Improvementがともに戦うプレーヤー内で起きているので、ルーチンの進展Progressはこれまでで一番激しいと思います。
みんなどこまで行くんだろうか。
ただ、ディスクドッグのフリースタイルがさらにスタイリッシュになってきているのは確かです。

次は、「関西、北海道の復活」を書きます。

# by dogtownfactory | 2014-07-12 01:26 | dog sports

セミナーやクリニックに参加してくれた皆さんに、ヤチズメソッドの話を少し

ノウハウというのは色々なことを易しくする方法だと思っています。ヤチズメソッドは犬とのコミュニケーションを明確にして、間違いが起きないようにするノウハウです。ディスクドッグの場合は、犬に対して次のトリック、スローをより明確に伝える方法です。勿論、ヤチズメソッドなんかなくとも、フリーはできるし特に不便は感じないのも事実です。
ところが、フリーの勝利に少なくとも90%以上のキャッチ率が求められる最近のディスクドッグの状況です。ゲーム後、あと1枚、いや、あと2枚キャッチ出来ていればと思うのが常です。
その、「あと1枚」
セミナーやクリニックに参加してくれた皆さんに、ヤチズメソッドの話を少し_b0088395_23122158.jpg
を実現するために役に立つのがヤチズメソッドだと思います。
この20年で得た経験を恥ずかしさを抑えて、あえて「ヤチズメソッド」と名付けてセミナーやクリニックで伝え続けています。
必ず、成果が上がります。これを覚えたチーム必ず飛躍できるはずです。どうか100%信じて続けてください。先ず、犬のキャッチングスキルが上がり、犬のピュアなドライブ(意欲)が産まれ、いずれレスポンスのいい素敵なディスクドッグに育ちます。その犬と貴方は、より高いレベルのルーチンにたどり着くことが出来るはずです。

# by dogtownfactory | 2014-01-30 23:08 | dog sports

ジャッジングの個人的な考え方 : 改

色々問い合わせがあったので、少し詳しく改めてみました。

「ブレイクタイムBreak Timeをつくらない」
上位を争うようなチーム(優勝を目指すようなチーム)がルーチンの最中にディスクを投げない時間が連続で12秒(10%)以上あるとしたら、それはブレイクなので減点されるべきだと考えています。たとえその間に、ダンスムーブや何らかのトリックがあったとしてもです。例え、そこにダンスムーブ等の工夫があるにしても、現場のルールでは減点が発生しないので、この間にディスクを投げているチームが不利になるのはおかしいので満点は下がるべきです。

「ディスク回収のブレイクBreakをつくらない」
また、もっと短い時間でも、犬を引き連れてディスクを回収している姿を晒すのはやはり減点されるべきだと考えています。この場面を減点しなければ、この間に技にチャレンジしているチームに対して公平じゃないので当然です。

「必要以上のセットアップSet upをしない」
ルーチンの最中にセットアップ(Set Up)が4回以上あるならそれも減点されるべきだと考えています。セットアップが多い方がルーチンが明らかに簡単になるからです。


「リピテーション(繰り返し)をしない」
マルチプルセグメントを除き、同じトリックを2回以上繰り返すのは減点されるべきです。限られた時間の中で同じトリックを繰り返すということは、そのチームのキャパシティーの限界を表しているので満点は下がるはずです。
同様に、全く同じスローを繰り返すのもルーチンを簡単にするので満点が下がるはずです。退屈を誘うので犬にとっても良くない。

「イノベーションInnovation
を決して忘れない」
何年も全く同じルーチンの繰り返しは退屈です。犬にも観客にも、そしてパートナーの犬にとっても、退屈は苦痛です。

勿論、そんなこと気にしないというジャッジがいるのも事実だけど、日本が世界水準を作っていくのだとすれば始めに書かなければいけない事だと思っています。(ごめんなさい。このブログは日本のプレーヤー向けに書いています。;)

自分がジャッジングする時に設定するポリシーのようなものだと思って下さい。
きっと、いいルーチンが生まれると信じています。
勿論、未だいくつかのポリシーがあります。
(ここでいうポリシーは、ジャッジとして求めるべ演技を明確にするための線引き作業だと考えて欲しい。それは、同時にプレーヤーとしての自分自身に対する戒めです。)

一度、整理しておいた方がいいかなと思って書いてみました。


iPadから送信

# by dogtownfactory | 2013-12-26 16:51 | dog sports

ジャッジング考

上位を争うようなチームがルーチンの最中にディスクを投げない時間が連続で12秒(10%)以上あるとしたら、それはブレイクなので減点されるべきだと考えています。たとえその間に、ダンスムーブや何らかのトリックがあったとしてもです。

また、もっと短い時間でも、犬を引き連れてディスクを回収している姿を晒すのはやはり減点されるべきだと考えています。

ルーチンの最中にセットアップ(Set Up)が4回以上あるならそれも減点されるべきだと考えています。

一度、整理しておいた方がいいかなと思って書いてみました。

勿論、そんなこと気にしないというジャッジがいるのも事実だけど、日本が世界水準を作っていくのだとすれば始めに書かなければいけない事だと思っています。

自分がジャッジングする時に設定するポリシーのようなものだと思って下さい。きっと、いいルーチンが生まれると信じています。勿論、未だいくつかのポリシーがあります。

ここでいうポリシーは、してはいけない事を明確にする線引き作業だと考えて欲しい。

つづく

# by dogtownfactory | 2013-11-27 11:13 | dog sports