JDDNリジョナルリーグ

インターネットによる5次元中継のディスクドッグトーナメントがそれです。
ヨーロッパでもアメリカでも聞いたことが無いので、世界初の試みだと言えます。
半年間、考え抜いてプランを練ってはみたけれど、一体どうなるのか、成立するのかさえ分からずに、各地のリジョンの熱意に背中を押される形でGOサインが出ていました。

天気予報とにらめっこしつつ、不安で眠れぬまま迎えた当日の朝。

画面からも、強風と凍える寒さが伝わってくる北海道リジョン。
余裕なのか和気あいあいの雰囲気が伝わる関東リジョン。
いよいよ始まるトーナメントに向けていい意味の緊張感が伝わる雨の関西リジョン。
粛々と準備を進める四国リジョン。
穏やかで、南国の太陽の香りが伝って来る九州リジョン。

PCの画面に映される各地の様子を見た瞬間にこの企画が成功だった事が分かりました。

北から、南まで日本中のディスクドッグプレーヤー達が同じトーナメント共同で開くという喜びと、自分たちのリジョンのゲームを他のリジョンに負けずにスムーズに進めていこうとする意識が画面からひしひしと伝わってきて、本部にいながらあっという間にドキドキしながらワクワクする興奮に包まれてしまいました。。

そして、画面から次々と流れてくる60以上のフリースタイルルーチンは、見ている者の心を無性に沸き立たせてくれました。そしてその興奮はジャッジデモセッションの時に最高潮に達しました。それまで、JDDNネットワークの大きなイベントの一部として参加していた全ての人たちが、自らのリジョンを代表するプレーヤー達(ジャッジ達)を応援して、どこのリジョンも大声援に包まれていました。また、それまで机の上でジャッジしていてウォームアップすらまともにできなかったはずのジャッジたちも、自らのプライドをかけた気迫溢れる演技でそれに応えているのが良く分かりました。

総アクセス数は全体で1000強。この数が多いのか少ないのかは分からないけれど、このイベントが大きな可能性を持っている事は語っていると思います。
そして、この企画が実際に成立した背景には、日本各地に同じ価値観で同じジャッジング、同じ運営が出来るJDDNネットワークの底力のようなものを感じずにはいれません。

勿論、各地のジャッジもコンディションも異なるので全国ランキングについても正確なもので無いのは当然です。でも、そんなことはよくわかって、ちゃんとリザルトを読み取り、楽しむ見識を持っているのがJDDNネットワークだし、だからこそ、このリジョナルリーグが成立したのだと思います。

何はともあれ、参加、運営の皆さま、お疲れ様でした。そして、楽しいBIGトーナメントをありがとうございました。また、来年もよろしくお願いします。今から、楽しみにしています。

by dogtownfactory | 2012-11-06 01:27 | dog sports

調子に乗るな!

驚かないでください。自分に言い聞かせているだけです。

日本とアメリカの違いについて、ちょっとだけ書いてみたら、予想外の反響がありました。
ちゃんと、英語で書けとか、もっと続きを書けとか、そんなに書いていいのかとか様々です。

ほんとはつぎに、ディフィカルティーとエキスキューション、イノベーティブトリックとコンサバティブトリックについて書く予定だったけれど、調子に乗って余計なことを書いてしまいそうなのでしばらく自重しておきます。

ただ、どんなことでも言えるけれどバランスが大切だと思う。
どんなに素晴らしいトリックをやっても、他のトリックやセグメント間のバランスが崩れていると、なかなか評価しにくくなってしまう。

いずれにしても、もう少しじっくり考えて、誰にでも分かりやすいKEYWORDを探してみたいと思います。

by dogtownfactory | 2012-11-03 16:40 | dog sports

540

スケートボーダーにとっては馴染みの数字。
でもこれは、昨日のブログアクセス数です。
この数日、真面目にブログを書いていたらアクセス数がどんどん上がってきてこの数字。
もちろん一日に数回チェックしてくれている人もいると思うので540名とは思っていないけれど、数百人の人が読んでくれているこのブログです。
やっぱりちゃんと内容を吟味して書かなくてはと気付かされます。
書きたいことがまだたくさん溜まっているので、しばらくは一日に一度は投稿しようと思っています。
ただ、小学校時代から、夏休みの宿題をちゃんと提出できたことが一度も無いんで…。

by dogtownfactory | 2012-11-02 14:54 | dog sports

Difference between Japan and the others.

Difference between Japanese and others.

What's the Difference?

1. Low High Method
2. Footwork between trick to trick
3. Command and Sign Method (Communication Method)
4. Way to think about Disc Management
5. Way to think about Field Presentation


1.
Low High Method is one of the disk tossing method that most of the Japanese players are using. Dogs are easier to catch if you use this method. First you show a disk to your dog placing it between your eyes and your dog's eyes, then, quickly put the disk down and toss it. American player Tracy Custer is using this method when she tosses since long before.

2.
To execute a few simple steps between tricks consciously, makes the team easy to transit smoothly to next trick. Just after one trick, it's important for the player to move quickly and also calmly into next position where he can easy to start the next trick.
American B.E. was doing this good, I think.

3.
It's difficult to explain about this here. Many players throw disks at the same time they give commands to dogs.
But Japanese players who use Yachi's methods place the disk between their eyes and the dog's eyes like mentioned in number 1 above, after giving commands to the dog.
Accordingly, dogs can take action (catch) after recognizing what to do next clearly.
American B.E. was doing this correctly, though his commands were queer.
If you are American, I think you can understand what to do a little if you study his video.

4.
This is easy to explain. Japanese players think it awful to make their dogs rambling around when they are picking up disks. We call it "break".
Sabine Wolf plays with no "break" from the beggining of her routine to the end of it.

5.
This is easy, too. I think it's important to show dogs catching disks both ends of the field in one routine.
As for players, it's good to perform their segments at least three different places on the field.
It looks far better than the playing in only one spot on the field.

It's important to understand it very difficult to do number 4 and 5 refered above both in the same routine.
But if you could do both, and also you could perform difficult tricks smoothly in high catching excecution by executing number 1, 2,and 3 above surely, you are possible to win
the game.

Many Japanese players play freestyle, always being aware of these methods above.
If not, it's impossible to get qualified in Japan.
Also, Japanese never repeat same tricks or same segments in one routine.

What do you think?

Translated by Mio

by dogtownfactory | 2012-11-01 23:08 | dog sports