<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中国上海

上海は強烈な紫外線と喧騒の街。昼も夜も人、車、人、車。早朝からけたたましいクラクションの音が鳴り響き、この国が抱えているエネルギーの大きさが否応なく伝わってくる。

b0088395_15323937.jpg

早朝5時半の上海ダウンタウン


選手たちはどうやら少し前のYouTubeの情報を持っているらしく、4~5年前の日本人プレーヤーのコピーがやたら目についた。選手として有名なのはShaun&Shackがダントツなのに、そのまねをしているプレーヤーはまだいない。この国でShunやKosukeのプレーを披露したら相当に驚くと思う。
それでも、実力的には予想以上のものがあり、大抵のトリックは上手にこなしているので、あとはいかにクオリティーの高い情報を手に入れられるかが分かれ目になってしまう。
その意味ではオーガナイザーとしてのJimmy Chengの手腕が問われる。
それにしても、近くて遠い国、中国でこれほどまでにディスクドッグが浸透しているとは、正直驚きだった。
参加選手は中国各地から50チーム以上。勿論、初心者も多くみられたけれど、誰もが上手くなろうという意欲に溢れ、このスポーツを通じて成功を掴みたいという野心のようなものを体から発散していた。

USDDNクオリファイの参加者は18チーム。セミナーは20名。大会後のBBQには30名以上。犬はほとんどがBCでたまにBM、GS。使っているディスクはほとんどがハードバイト用のヘビーウェイトのもの。その為かキャッチ率は平均6割弱。やっぱり、情報は足りていない。

それでも世界はこの中国という国を無視して前に進むことは出来ないんだ。あらためてそんな気持ちにさせられました。なんせ人類の半分は中国人だもんな。

b0088395_1532594.jpg

やる気満々スタッフ達。中央うつむき加減のJimmy Cheng。

b0088395_15581419.jpg

スペインと逆に完璧に準備された会場。                                                                    



次はQC+CUP。 

by dogtownfactory | 2012-05-17 15:58 | dog sports

スペイン(フランス)

スペインではスペインフリスビードッグ協会のメンバーとフリースタイルの第1人者デビッド・ロマーノが中心となって始まったばかりのディスクドッグスポーツをささえている。
今回の招待はデビッドが、地元のギヴィア市(Llivia)とPurinaがスポンサーになってUSDDN クオリファイを開き、スペインフリスビードッグ協会がセミナーを開催するというスタイル。
経費はジャッジの交通費、滞在費をギヴィア市が、大会運営費をピュリナが、セミナーの経費を協会がもつということになっているよう。多分。

会場のギビアはスペインとフランスの国境近くにあるスペイン領フランスの町。つまり、フランスにあるスペインの町でスキーやカタルーニャ地方の観光地。

b0088395_13125431.jpg

ギビアLLiviaのホテルから見た会場(朝9時の段階で何もできていない)



ゲームのオーガナイザーとしてのデビッドはまだまだ素人の域なので数々の不手際はあったけれど、このスポーツを根付かせたいという熱い情熱とその過程でなんとか自身のビジネスを確立していきたいという思いが見えた。(プレイヤーとしては日本のTOP20のレベル。ただ、T&Fが安定しているのでTOP15になってもおかしくはない実力。)
主催者としてはもっともっと経験と配慮が必要。来年はフランスのパリに進出するらしい。大丈夫?

b0088395_12304728.jpg

スペインフリスビードッグ協会の面々Spain Frisbee Dog Association

スペインフリスビードッグ協会は逆に、仲間が集まって皆で楽しんでいこうという同好会的な雰囲気。物凄くフランクでこのスポーツの楽しみ方をよく知っているメンバーがそろっていた。スペインの各地でセミナーやデモを行っているらしい。(プレーヤーとしては突出したプレーヤはまだいない。ほぼ全員が初心者レベル。)

スペインの未来はやっぱりオーガナイザー次第だと思う。間違った方向に行くと一時のブームで終わってしまう。逆にオーガナイザーがスポーツとしてきちんとしたルールを提示して進めていけば素敵なフリースタイルが育ってくると思う。

オラー!! スペイン

by dogtownfactory | 2012-05-15 13:26 | dog sports