恒例のバンケットカラオケ終了

年々ゴージャスになっていくM女史のショータイムを始め、A,J,Yの○○○タイム、HIR0SSIEのトークセッションなどなど今年はさらに盛り上がって無事終了でした。
俊介を筆頭に皆のトークに切れと味わいが出て来て、6時から11時半までなんと5時間越えのロングランパーティーに。

詳しくはここ以外のWEBで。

by dogtownfactory | 2011-12-26 02:16 | dog sports

そろそろ

アメリカからの帰国後、多くのイベントを終えて、そろそろ、今年のUSDDNを振りかえる余裕ができた。
2年ぶりに参加した今年は(あっと、今日は自分の事に絞ってみます。)結局、渡米直前にKの指摘した通りの結果になった。 (いやいや、あなたのこと じゃないから。Kくん)
もとい、KIRIがやってきて「Ciscoのビッグパッシングが乱れている。」と指摘していった。もともと、自分のルーチンのShow Case ともいえる、ビッグパッッシングの乱れをせっかく彼が注意してくれたのに、自分としては得意としているセグなので「なんとかなるし、なんとかする」くらいの軽さで受け取ってしまった。
でも、彼の言ったことは全てそのまま、いちばん恐れた形で現実となり、みじめな結果となってしまった。
おまけに、その影響はトスフェチで更に最悪の形で起こってしまった。
決して甘く見ていたわけではないけれど、漠然と本番では大丈夫という根拠のない自信があったのも事実。
ほんっとに、世界で勝つというのはむずかしいなー。
これからはいい子でいるので2~3回でいいから勝たせてほしい。
ま、いい子でいること自体が無理っぽいから、無理か。
Yasuda Shinjiといい、Takaiwa Mariといい、やっぱいい人が勝っている。
神様はいるね。
でも、1~2回なら勝たせてくれてもいいのに。やっぱり。

by dogtownfactory | 2011-12-21 12:10 | dog sports

日本中に。

九州や四国、北海道にセミナーやゲームにいくと、それぞれのエリアにそれぞれの事情があり、それぞれの価値観があるということが分かる。

決して安いとは言えないエントリーフィーを払ってくれる人たちに少しでも多くの事をお土産として持って帰ってもらいたい。
そんな思いでつい力が入り、後悔することもしばしば。

それでも、九州に行けば九州の、四国に行けば四国の、そして北海道に行けば北海道の人たちの真剣な眼差しがあって、やっぱり力が入る。

あたらしい出会いはいつも新しいエネルギーを注ぎ込んでくれる。そして、また、会う約束をかわしてする「さよなら!」が次への強烈なモチベーションを与えてくれる。



日本中のディスクドッグプレーヤーに、とりわけセミナーやゲームで同じ時を過ごしてきたプレーヤーに、来年も再来年もこのスポーツを続けて欲しい。

そして、また会う約束をかわして「さよなら!」をする。


Merry Christmas!! and Happy New Year!!! 
Dog Town Factory / Yachi Hirai

by dogtownfactory | 2011-12-19 17:01 | dog sports