Dog Town Cup Stories 5

かつてTakehara&Rickの連覇はあったものの9回を数えるドグタウンカップで2度の優勝を遂げたものはそれ以外には無し。

これからどんなことになっていくのかは誰にも分からない。

ただ、言えることはドグタウンカップがあることによって日本のディスクドッグのレベルが上がり、世界中の眼がDOGTOWNCUPに注目されていくことになるということ。

そしてその中で一体誰が2度目の栄冠を勝ち取るのかが次の興味になってきた。

それとも、誰も予想しない新たなチームが驚きと共に迎えられることになるのか。

いづれにしてもドグタウンカップの勝者が次の世界の方向の一つを指し示すことになる。

ドグタウンカップはいつの間にかそんな大きなゲームに成長していた。

この後Purina Incredible Dog Challenge出場とUSDDN world finalでしばらくBLOGは休止。

JDDNのBBSにアメリカから報告がてら文章をいくつかupします。

,留守番JapanやUSDDNのWEB中継もおたのしみ。

20日過ぎには戻ります。

そのあとは前橋のBBDCと御前崎のPODG、そのあとは犬種別BOBCと続いていく。

by dogtownfactory | 2010-09-27 20:09 | dog sports

Dog Town Cup Stories 4

初期のころと一番変わったことは、ボルトをやたら連発するチームが減ったこと。
ボルトは多くとも4~5発。
勿論、同じトリックを繰り返したり、同じグリップやデイバリーでのスローもずいぶん減った。
そのおかげでルーチンのバリエーションも沢山増えて個性的なチームが多くなったこと。

変わらないところは、個性的なフリールーチンを持っているのにトスフェチの失敗で下位に沈むチームが多いところ。

知らない人が多いけれど、パピー時代にプレーヤーのはやる気持ちでトラッキングやチェーシングを十分に教える前にフリップなどのフリートリックを教えるとディスクのキャッチポイントを迷うトラブルが発生する。

フリースタイラーでトスフェチが苦手な人はこれが多い。
これを解決するには...。まいっか。

セミナーに出ている人は解かっているはずなので先ずはトスフェチをクリアーして欲しい。

それにしても20位以下の下位に沈んだチームの中に直ぐにでも優勝争いが出来るポテンシャルを持ったチームがいくつもいたことは驚き。

本当に才能のある、ギラリと光輝くポテンシャルお化け達がドグタウンカップを際立たせてくれていた。

次に会う時にまた驚かせて欲しい。

by dogtownfactory | 2010-09-25 18:13 | dog sports

Dog Town Cup Stories 3

残念ながらアメリカ行きを表明していながら、0.02ポイント差でクオリファイを逃したYoshioka&Lissaと0.41ポイント差で逃したFutami&Ciscoはレバとタラの文字がどうしても浮かんでくる。

でも、USDDNのD2は日本のそれとは異なり、ショーやデモなどでクオリファイに参加出来なかったチームがごろごろしているちょっと厄介なカテゴリー。
Sakai&Matraと共に思いっきり力を出し切って欲しい。

そして、同じく、いち早く参加表明していたKimura&Hakuにオメデトウを送りたい。
努力を重ねて、ついに獲得した権利を思いっきり楽しんで欲しい。
皆に勇気を与える感動のフィニッシュだった。
このチームのクオリファイはJDDNの一つのスタイル「あきらめずに努力を続ければ必ずチャンスを掴める。」
を表わしてくれたと思う。

そして実力がありながら下位に沈んだチームもいた。
彼らの流した涙も必ず報われる日が来ることをドグタウンカップを見てきた人たちは知っている。

悔しさと解放感もドグタウンカップの一部だな。

by dogtownfactory | 2010-09-25 01:42 | dog sports

Dog Town Cup Stories 2

今年の観客の中には確認できただけでも30名を越えるフリースタイラー達が。

出来れば参加して欲しかったけれど、見に来てくれただけでも嬉しい。

参加したフリースタイラーが50名以上いたので80名を越えるのフリースタイラー達が集まってくれたことになる。

怪我や仕事、パートナーの体調不良、調整不足など様々な理由でどうしても会場に来れなかったひと達もいる。

さまざまな思いでこのドグタウンカップに熱い視線を向けてくれた人たちの思いも集めて、会場がヒートアップしていった。

今年も数々のドラマが生まれ、胸に刻まれたドラマが、来年へのプレリュードに。

熱い思いを抱えて、皆、それぞれの場所にかえっていった。

2011年のドグタウンカップがもう始まっているんだな、きっと。

by dogtownfactory | 2010-09-23 22:46 | dog sports

Dog Town Cup Stories 1

ドグタウンカップは年齢こそ違うが、この一年間しのぎを削ってきたNanba&ReyとShunsuke&Shackの一騎打ちに。

勝利の行方は普段、使っていないチームムーブメントをルーチンに入れて、Reyのポテンシャルを際立たせたNanbaに。

Shunsukeは最近の好調さがあだとなり、得意のチームムーブメントに僅かの隙を見せ、その影響でルーチン全体に気負いが出た。

いずれにせよ、この二人は世界の5本の指に入るフリースタイラー。最終的には世界という場でその雌雄を決する時が来るはず。

その時がJapanという国のレベルの高さを世界に示す時なのかなとジャッジをしながら感慨にふける。

そしてその二人を凌駕するフリーを見せたのがKonishi&Toah。
初日の絶不調から、マッサージング、ストレッチなどのケアーを重ねて見違える決勝ラウンドをみせて、会場を一気にヒートアップさせて見せた。
3位に入ったMatsuura&Pamと合わせて日本の女性チームも十分に世界を狙える位置にいることを証明してくれた。

つづきます。

by dogtownfactory | 2010-09-21 09:59 | dog sports

ドグタウンカップ2010

ドグタウンカップまであと二日。
エントリー数はD1が48チーム,スモールドッグが3チーム、D2が8チーム、トスフェチが13チーム。

九州エリアから4チーム、四国から7チーム、北海道から4チーム。
すでにフェリーに揺られているチームも。
滋賀や愛知の候補も明日には出発してくる。
関東エリアの地元勢は手ぐすねを引いて彼らを待っている。

再会と出会いのよろこび。

胸を締め付ける濃密な二日間への不安。

はじける解放感。

すべての参加者がその時を待ちわびる。


一年に一度
日本中のフリースタイラー達が
それぞれの出会いを喜び
一年間積み重ねてきた時間を競い
翌年の再会を誓う

いつものように
楽しく
真剣にコンピートしましょう

「ドグタウンカップが始まります。」

by dogtownfactory | 2010-09-16 10:18 | dog sports

絶好のディスクドッグ日和

気象庁の発表でドグタウンカップの天気が分かりました。
タイトルどおり、ほぼ絶好のディスク日和となりそうです。

晴れ時々曇り。
気温25~31℃。
強風は無し。
芝生は若干長めながらほぼベストの状況。

素晴らしいルーチンがが沢山飛び出してくるドグタウンカップになりそう。

It should be a beautiful sunny fall weekend in Maebashi city Gunma.

by dogtownfactory | 2010-09-14 15:07 | dog sports

DTCエントリー

きょうまでにD1、D2で会わせて49チーム。

ほぼ全国からの参加。

いつもエントリーのない東北6県はさておき、残念なのは個性的で実力のある兵庫県のチームのエントリーが来ていないこと。

ラブやボーダーの凄くムードなある良いチームがいるので待っていたけれど、残念。

15日締め切りまで待つつもり。

by dogtownfactory | 2010-09-13 15:53 | dog sports

フリースタイラー達

7日後。

ドグタウンカップが始まる。

フリースタイラー達が集う。

S&Hはその力をどこまで証明するの。
N&Rはそのハードなルーチンをどうまとめてくるの。
K&TはS&Sを追い詰めることができるの。
F&Lのルーチンはどこまでそのポテンシャルを表現できるの。
M&Pはもう一度ピークを作ってやってくるの。
K&Nは今年こそ逃げ切るの。
U&Cはどれだけその情熱をルーチンでみせてくれるの。

まだ見ぬ北と南の強豪たちはどれほどに彼らを驚かせるの。

そして、H&SやM&Z,S&R、H&TなどのBig Nameは本当に出てこないの。

S&Sは彼らのルーチンを目の当たりにしても実力を出し切るchikaraを身につけたの。

まだまだ名前を挙げきれないJapanese Freestyler達がドグタウンカップに集う。

既にヨーロッパやアメリカからビデオの催促が来ているのはそれほどに個性的なルーチンがここで見ることが出来るということ。


本当のジャパンスタイルがここに集まってほしい。

第9回日本ディスクドッグナショナルチャンピオンシップ DOG TOWN CUP 2010


濃密な9月を過ごしてほしい。

by dogtownfactory | 2010-09-11 13:59 | dog sports

あと少しの暑さ

うんざりしてくる今年の暑さ。

でも、ここまでくれば「暑さ」と「風」のどちらが良いかの選択になる。
涼しくなれば風が出てくるし、台風も上陸しやすくなる。

いつも天候には恵まれてきたドグタウンカップなので心配はしていないけれど、去年のようなこともあるので多少暑くとも、風がないのが一番。(雨が降っても風がないのが一番)

去年は参加出来なくて、ベッドの上だったので今年は何が何でも最高のドグタウンカップを皆と一緒に過ごしたい。

一年に一度本気で神様にお願いしたくなる。

「どうか、お天気に恵まれますように。」

b0088395_0483387.jpg

by dogtownfactory | 2010-09-01 11:12 | dog sports