<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

USDDN story

1980年代に急速に普及していったフリスビードッグ。
勿論、主流はフリースタイル。
当時は、アシュレーウイペットインビテーショナルが主なタイトルで全米の選手たちが年に一度全米5か所で開かれるリジョナルクオリファイ(地方予選)を目指していた。
この予選を通過した上位2チーム合計10チームとオープンクオリファイで通過した2チームを加えて12チームが参加する世界選手権が毎年ワシントンDCで開催され、勝者はワールドチャンピオンと呼ばれた。
しかし、この世界選手権はアメリカ人しか参加できなかった。
日本人は自分も含め数名このタイトルにチャレンジを試みたが予選を通過してもエキシビション参加だったためワシントンDCに行くことはできなかった。

このトーナメントはスポンサートラブルなどの理由で1998年ごろを最後に中断してしまう。その後、このAWIのタイトルは転々とする。

ある時はSHの世界選手権のトロフィーにAWIの歴代チャンピオンの名が刻まれていたり、AWIの名前でシカゴ郊外ネパビルを会場に予選なしで開催されていた時期もあり、そこにもトロフィーに歴代チャンピオンの名が刻まれていた。実際にこの目で両方とも見たので間違いない。
どちらも同じ年(2002年)のことなのでおかしな話だがアメリカ国内のいろいろな事情があったことはなんとなく察しがついた。

当時、現地のプレイヤーたちにどういうことなのかをいろいろ尋ねてみたけれど、あまり明確な説明は聞けなかった。

その代わり複数の人間から、「USDDNピープルと話をしてみたら。」「USDDNはちゃんとやっているよ。」といった話を聞かされた。

それってだれのことという問いに対する答えは「アトランタやフロりダの連中だよ。」という答え。

実際にメリッサ・ヒーターやドナ・シェイといったUSDDNピープルと出会うまでにはさらに時間がかかった。

メリッサとは日本で会ったことはあったけれど、印象としては聡明ではあるけれど暗い人といったイメージ。

久しぶりに会ってみると印象とは全く異なっていた。
それどころか長年プレイヤーとして悩まされ続けてきたジャッジングに対する不信感や改善されないルール。そして、フリスビードッグフリ-スタイルジャッジングそのものの幼稚さに対する不満を持っていたのは自分だけではないことを知らされた。

USDDNは90年代に活躍していたトッププレイヤーたちが集まり、議論を重ねジャッジングのコンセプトづくりからはじめて、細かいレギュレーションや採点基準を明確にして誰にでもわかりやすいルール作りを始めていた。

[勿論、完璧では無いと思うしアメリカ人特有の大雑把さは残っているが今なお活発な議論(時にはファイトしながら)を重ね、毎年少しづつ改善しつづけている。]

それまで、UFOのゲームを日本で開催してたが、その出会いからUFOではなくUSDDNこそがこのスポーツだと真剣に向き合い、取り組んでいると判断して、翌年からUSDDNの予選を毎年開催してきた。

2006年にはQC+CUPを西日本予選として立ち上げ今年第5回を迎えた。

QC+CUPまであと4日。

ところで、AWIは2003年にはアシュレーインビテーショナルとアシュレークラシックに分かれ、つい最近はまた一つになったらしい。アメリカの選手が事のいきさつを俺に尋ねてきたけれど、俺に聞いてどうするって。世界中のプレイヤーが知っていることだが摩訶不思議な成り行きではある。

by dogtownfactory | 2010-05-26 13:18 | dog sports

チェコのセミナー

QC+CUPまであと5日。

QC+CUPが終わったら一週後にはヨーロッパ。
ジャッジとセミナー。俊介はそのほかデモとクオリファイ。
忙しいツアーになりそうだけどそのぶん多くの出会いがありそうで胸が躍る。

セミナーはどうやら定員が満杯になったらしい。
18歳の女の子から53歳の男性まで様々な国籍のディスクドッグチームから申込が。
犬種はボーダーが10頭でオーシーが3頭。
それ以外は聞いたことのないような変わった犬種のオンパレード。
さすがヨーロッパ。
いやこれは犬の名前か。
とにかく良く分からないというか読めない。
http://seminar.dogfrisbee.cz/index_ang.htm

とにかく楽しみなチェコ・ポーランドツアーだけど、その前にもっと楽しみにしている今度のQC+CUP。
参加チーム数は昨年とほぼ同じくらいか。
しかし、優勝、準優勝経験のあるチームが10チームを越えているジャッジ冥利に尽きる豪華なメンバーがそろっている。

四国四万十までの道のりがすごく短く感じる
USDDN West Japan Qualifier 2010060.gif25日現在でDⅠ33エントリー 

by dogtownfactory | 2010-05-25 02:27 | dog sports

QC+CUPを前に

いろいろなところから国内のフリースタイルシーンのDVDが届いた。

何人かのプレイヤーが日本では新しいトリックに取り組んでいて新鮮ではあったとおもう。

ただ、間違ってはいけないのはトリックそのものが新しくなってもその入り方がチョッピー(ぎこちない)だったりセットアップが頻繁だったりすると興ざめなのでもっとスムーズにトリックを展開できないと評価はされない。それでも新しいことに取り組む姿勢は大切。

辛かったのは何年も前から活躍しているようなチームが犬を変えただけで全然進歩していないのが多かったこと。別に名前を出さなくても本人が良く分かっていると思うので強く言える。ひどい。
人に教えようと思うのであればもっともっと犬のことを勉強しないと駄目。

ドッグスポーツ界で言う「クレージーフリスビードッグ」になって正しい犬との関係性がほとんど見えてこない。一年生からやり直してくるほうがいいと思う。もしあなたたちが自分の才能に自信があるのなら最初からやり直してもすぐに頭角を現してTOPの位置に戻ってこれるだろうし、そのころにはあなたたちの犬も見違えるようになっているはずだから。


優勝を争うようなチームでも犬が変わったのに何年も前からほとんど変わらないトリックとムーブでルーチンを構成しているのもいただけない。

ナルシズムが前面に出すぎてしかも犬にキャッチングを教えられていないチームも目立つ。反対に犬に頼りすぎて人間の動きが滑稽になっているのも見ている側の心が寒くなる。

今日は残念なDVDを見すぎて自分の気持ちが逆立ってしまっているのでつい口調が強くなる。

ただ、以前アジリティピープルが言っていた「ディスクドッグの連中は何もかもがイージーすぎる。」という言葉が身にしみる。ほんとだな。「ディスクドッグピープルは犬が下手。」

せめて俺のまわりの人たちには解かってもらいたい。

このブログを読んでいるあなたもその一人です。犬たちは計り知れない能力を秘めています。
俺たちはそのほんの一部しか表現できていないのが現実。だからこそもっときちんと犬を理解してディスクに頼らない正しい関係性をみつけてほしい。

ここまで読んで僕は、私は大丈夫と思ったその人。あなたに問題があるよと言っている。

by dogtownfactory | 2010-05-21 11:05 | dog sports

JDDN2010season

今年は毎回、優勝者が異なる大混戦のシーズン。
さらに、普段は見られない実力派のニューネームも増えた。
九州や四国、北海道にはいつでもTOP3に飛び込んでくるBIGローカルたちが名を連ねている。

自画自賛のように聞こえるかもしれないけれどJDDNはほんっとにおもしろい。

特にTOP10あたりのチームが世界中どこに言っても優勝を狙える力を持っているレベルの高さがあるのでこれはもう見ているだけでも十分に興奮できる。

どこかでJDDNはみんな同じ演技をしているとか言った人がいるけれど、実際に見れば自分がすごく恥ずかしいことを言ってしまったことに気づくはず。

真剣にディスクドッグのフリースタイルをやってきて、今、行き詰まりを感じている人。
フリーを辞める前に是非一度、JDDNでシーズンを過ごしてほしい。
これから真剣に犬に向き合っていきたいと思っている人。
ここには同じ思いを持ったプレイヤーが沢山いるよ。

定年後にこのスポーツを始めて常に上位をキープしている人から、人生をこのスポーツにかけて頑張っている若者たちまで。
それぞれがそれぞれの熱い気持ちで打ち込んでいる。

JDDNにいらっしゃい!!いつでも大歓迎だよ。

b0088395_22434390.jpg

JDDN GWセミナー

by dogtownfactory | 2010-05-12 22:19 | dog sports

QC+CUP 2010

今週末のランブルを挟んで今月末はQC+CUP。
今シーズン初のUSDDNクオリファイ。

今年は各トーナメントごとに優勝者が異なる大混戦のJDDNジェーディーディーエヌ。
梅雨入り前の四万十に九州から北海道まで日本各地からトップチームが集結。
進境著しい四国勢が迎え撃つ。

『面しろえ!!』と言えるのはジャッジという第三者の感想かも。
出場する人たちは犬ともども真剣に今年のルーチンを詰めている最中か。

勿論、ジャッジの身も徐々に緊張感が高まりつつあるのがほんとのところ。
少しのミスも許されないのは選手たちと同じ。

今年はだれが世界を驚かしにゆくのか。
日本にはまだまだインクレディブルなチームがいっぱいいる。

by dogtownfactory | 2010-05-11 18:49 | dog sports

GWのあと

GWセミナーは日本各地からほぼ数え切れないほどが集結。
いつものDTのトレフィールドに数十台の見知らぬ車が並んだ。

半分近くが今回初めてのチーム。
それぞれに個性的なプレイヤーと犬たち。
流石にどのチームもポテンシャルの高さは一目見ただけで伝わってくる。
彼らがいつの日かJDDNにも参加してくれるようになれば本当に楽しくなる。

今回の出会いがJDDNの未来につながっていくことを夢見ながら、GWの心と身体の火照りが冷めていくのが恨めしく思える。

それでもまた今週末にはいつものセミナーでいつものメンバーに会える。

きっとGWで出会った面々の話で盛り上がるはず。



(ところで、春先は人も犬もつい気合が入りすぎて怪我をしやすいのでウォームアップは入念にやってほしい!!)

by dogtownfactory | 2010-05-07 00:00 | dog sports