<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Southpaw

サウスポーに転向して気づいたことが。
まず、利き腕ではない我が左手はまったく不自由。

一瞬、「これだ!」と感じたグリップを2回と続けられない。
スイングも肘が伸びたり、オープンになったり。
エアバンになって、突き刺して。
ままならないわが左腕。
これほどにスローイングというものが思い通りにならないとは。

今まで、レッスンやセミナーでなかなか上達できない人たちを見てきた。
何故、出来ないのか、さっきまで上手く投げていたのにもう出来なくなっている方々。


今なら、 解かる。

「スローイングは難しい。」 に賛成。

by dogtownfactory | 2009-07-27 21:50 | dog sports

Ramble Dogs Freestyle Champions&Bamboo Dog Field Champions

Lauraの来日が早まり、ジャッジの人数が足りていることに気がついたので、RDFCとBDFC(こちらは予定通り)にBee とCiscoで参加するつもり。

早速、ルーチンのまとめをやろうとしたらメチャクチャ。

最近、トランジットをやってこなかった付けを払わされそう。

特にCiscoのルーチンはいろいろとこちらの欲が出てグダグダになるかも。

トリック単体はカッコイイはずなので何とかまとめなきゃ。

Y&B(or Y&C)をやっつけるチャンスだな。Shaun&Shackは燃えているみたい。

by dogtownfactory | 2009-07-27 17:18 | dog sports

Don't worry.

メリッサとは今でも仲良し。

世界中で最もこのスポーツを理解している彼女はなくてはならない存在で最も信頼している人間。

互いに、文化の違いやスポーツのバックボーンの違いでぶつかることがあるだけで、そのたびに互いに腕まくりしてそれぞれの主張をシリアスにやりあう間柄。

これは一緒に彼女とおれのやり取りを見ていた人は理解してくれるはず。どちらもこのスポーツを真剣に考えていればこそ時々衝突することがあると云うだけ。

たぶん互いにもっとも信頼し合っているはず。


も一つDon't worry.

最近HPの更新が少ないBDFのT女史。元気ですよ。8月8日にはAccaと一緒にデモに出演してもらう予定だし、翌日はUSDDNのクオリファイもあるのでまた元気な姿を見せてくれるはず。今から、夏の北海道が楽しみ。

北海道と言えば、Takaiwa&Kai。キレキレのフリーをDVDで見た。慌てず、じっくり育ててきたKaiはスケール、スムーズ、バリエーション、フローティングのいずれも素晴らしい動きだった。

by dogtownfactory | 2009-07-26 00:20 | dog sports

Laura Moretz

去年のサマーキャンプ、メリッサと何度かぶつかってかなりシリアスなディスカッションがあったので、今年は彼女のトレーニングパートナーで、仲良しのLaura Moretz ローラ・モレッツを呼ぶことにした。(^o^)/

Lauraはアメリカでは数少ない実力派。このスポーツをよく理解して、中身の濃い素晴らしいルーチンをいつも見せてくれるリアルフリースタイラー。少しハートが弱いので大きなタイトルこそまだないが間違いなくアメリカをリードするトッププレイヤー。

今回は群馬と北海道の両方に登場してもらい、レッスンとトーク。そしてクオリファイ等のジャッジとしても活躍してもらうことに。

いつも何か新しいムーブメントが起きる最近のアメリカ。今年はどんなことが起きているのか、すごく楽しみ。今年のマークは何を考えているのか、そして俊介のライバルのプレストンは。興味は尽きないな。

by dogtownfactory | 2009-07-17 00:46 | dog sports

右肩の話3

結局、2度のCTスキャンと2度のMRIで出た結論は10月末に手術。入院が4週間。社会復帰までさらに1か月。らしい。
どお考えても、ディスクシーズン中は手術不可なのでUSDDNが終わるまでは痛みと付き合うしかない。

で、 SOUTHPAW Backhandへの転向が本当のことになってきた。

たぶん2、3発なら右でも投げられると思うけど、もう2か月近く投げていないので恐ろしくて無理。しかもこの頃は右腕の可動範囲がせまくなってきている。
左はというとどうもグリップが安定しない。距離を狙うと力んで曲がる。おまけに少し投げ込むと左ひざが悲鳴を上げる。

スケートボード時代(30年前)にお袋によく云われた『年を取ってから苦しむよ。』の言葉が身にしみる。

by dogtownfactory | 2009-07-08 19:09 | dog sports

QC+CUP2009 report

暑過ぎず、無風。やわらかな芝。
ほぼ、ベストの気候とフィールド。
望みうる最高の条件が整った四万十に九州から群馬から31チームが集まった。

QC+CUP2009を制したのはYasuda&Genio

Yasudaは強いハートと確かな技術でGenioのポテンシャルを引き出して、多彩なトリックで会場を沸かせたShunsuke&Shack(3位)に半年ぶり敗戦をプレゼント。

Konishi&Toahはベストからは遠い内容ながらそれでも余裕の2位。ポテンシャルの大きさを証明。

不安定な内容でも定位置は確保したMatsuura&Pamは4位。

進境著しいUsami&Conis。今回は決め切れず5位。遠征慣れが必要か。
ここまでがUSDDNのクオリファイが決定。

同じく、遠征で力を発揮しきれなかったのが6位のKimura&Natsu。クロージングに難あり。ひと工夫が必要かも。USDDNアルタネイト決定。


オープニングチームとして急きょ出場したKonishi&Ciscoの7位はお見事。ハーフタイムのデモでCiscoに負担をかけなければさらに上位も見えた。

大健闘はNara&Anjuの8位。落ち着いたプレーとディスタンスの安定感。スローイングのスキルも抜群。さすがに九州のプレイヤー。さらに上位を狙ってほしい。
USDDNアルタネイト決定。

安定した力を見せたShiraishi&AskaYamkasaki&Ooka。9位と10位。四国をリードしてもらいたいので一言。    
Tough him up! Find your own style!!

Yoshioka&Lissa。最近安定していたディスタンス(T&F)で13Pで沈む。フリーが良かっただけに残念な11位。
同じくディスタンスで7.5PのYaguchi&Mau。フリーのきらめきがT&Fでは消える。13位。

12位と15位のYoshioka&Joee,Hyateは、自分自身の体幹を鍛えてプレーに重みを付けることが必要。一度、走り込みとか筋トレで自分をいじめてみるといいかも。この順位はおかしい。

ひそかに期待していたNakayama&Berkt。ルーチン練習が足りていないのでフィニッシュできず。練習時間か方法に問題があるかも。

Saitou&Hikaru。犬、人ともにポテンシャルの大きさは衆知のチーム。ルーチンをもっとシンプルに組み立てて、犬に自信をつけてあげることが何より大切。本当のスローイングスキルは犬が取りやすいディスクを投げ続けることができるということ。すぐにでも優勝を争える力はある。16位。

徐々に実力をつけてきているKimura&Prima,Haku。17位18位。ひところ見られた本番でのテンション過多が少なくなってすごく良くなってきた。ここまで時間がかかった分だけこれから安定して伸びていけそう。

徐々に弱点を克服しつつあるYamasaki&Tenka。19位。まだTenkaのテンション頼みになっているところが見られる。逆にテンションを下げてTenkaに伝えることが大切。

安定したフリーを見せたYanagihara&SeiraはT&F11Pで沈む。四国を代表するフリースタイラーではある。20位。

Okabayashi&Patty。好感度の高い楽しげなルーチンながらT&Fの不安定さで実力の半分も出ていない。もっともっとリレーとハイディスクの練習を。21位。

22位のChochi&Rinは今回のゲームのサプライズチーム。人、犬ともに文句なしのポテンシャルを見せて会場の空気を一変させていた。ただし、大きめのバックボルトはトスがバーチカル気味でいただけない。一杯ビデオを見てはやく自分のスタイルを見つけてほしい。

23位のUsami&Cocoa。 Be cool and easy!

Matsuura&Pingooは何をそんなに急いでいますか?まったく逆の方向に向かっている。犬をちゃんと止めてあわてさせないこと。24位。

25位のShimeki&Ashは1Rのフリーで見せたきらめきを忘れないこと。まずはどこかのゲームで持っている力を3Rの最後の1秒まで出し切る経験をすること。

26位はKoike&Mei。まずT&Fで5キャッチを決めること。すべての評価はそこからだと思う。もしもT&Fで15Pを獲得してTOP10の位置で決勝Rを迎えることができたらもっとFocusされてMeiの素晴らしさを発揮できるはず。


Yamasaki&Lager。もっとゲーム慣れが必要。決勝Rまで集中力が持たなかったという印象。その気ならもっともっと上位を狙える27位。

Kimura&Alohaはもう一つのサプライズチーム。28位。若き日のI&Rを彷彿させるスムーズな動きと落ち着き。本人は緊張でがちがちだったようだがこれは間違いなく四国の宝になる原石と見た。夫君にも期待。

Iyota&Anriのゆったりしたフリーはこのスポーツを楽しむという意味で絶対アリ。どうせならT&Fをもっと練習して上位を目指して。

T&Fが3.5Pで涙をのんだNara&Jackは努力の跡が見えて好感度が高い。逆にT&Fを武器にするくらいに鍛え上げる戦略はどうですか。

Ueno&Rasta。走って、笑って、汗かいて、我慢して、喜んで。できたてのフリースタイルチーム。一緒に頑張りましょ。

by dogtownfactory | 2009-07-05 01:33 | dog sports