QC+Cup

Melissaが成田から帰国して、北海道軍団もフェリーに乗って、ようやく落ち着いてゲームのことを考えることができる。半歩及ばなかったKirisawaの挑戦。世代交代が遅れているかつてのBigName。本来優勝争いするはずのチームの低迷。会場を沸かせたRookieTeamの活躍。

それにしても、自分で運営するQualifierゲームで出場権を獲得するのはむなしい。来年はアメリカで獲得する。絶対。
ひどい内容のプレーだったけど、Beeが故障明け、Barneeは妊娠中という悪条件の中の結果としては上出来。

by dogtownfactory | 2006-06-28 16:38 | dog sports

USDDN Central Japan Qualifier

USDDNの日本予選が始まる。明日にはMelissaも来日。選手たちも各地からぞくぞく集まってくる。楽しみ。やっぱり大勢集まって、皆で自分のやってきたことを見せ合うビッグゲームは華やかでわくわくする。今回はシーズン初めでまだルーチンが出来上がっていないチームが多いと思うけれど、きっと未来のディスクドッグを予感させるプレーを見せてくれると思う。
雨模様はきっときつい日差しよりはいいと思うし、風もなさそうなのでハイスコアが期待できる。
ジャッジ石川がどんな点数をつけるのかも楽しみ。D1は43チーム。D2が2チーム。ってことはこの時期に45チームのフリースタイラーが集まってくる。目いっぱい楽しく。激しく。笑顔と涙と。感動をみんなで。QC+CUP。今度の土日。

by dogtownfactory | 2006-06-21 22:53 | dog sports

Tod Duncanの話

Tod Duncanのリレーがホントに格好よくて目に焼きついている。
難しいとかそういうのじゃなくて、独自の世界を創ろうとする奴のマインドが好き。
ダンスはダンサーの方が絶対うまい。へたくそなダンスをフィールドで踊られても困る。「ディスクドッグには人と犬とフリスビーがおりなす独自の世界がある。」ということを奴はちゃんと理解している。Melissaが現役を離れている今、唯一、意識させられるプレイヤーだと思う。世界中のほかのプレイヤーには悪いけれど実際そんな感じがする。強いプレイヤーはYASUDAハーツをはじめ何人かいるけれど、僕が目指すシームレス&リズミックフリースタイルを奴もはっきり意識しているのがよく解る。

ちなみにTodに初めて会ったのが2002年のジョージアでのゲーム。USDDNから離れる前のUFOlocalゲーム。やたらプレーを急いでいて、慌ただしいチームだったけど、同行のK君と「いつかきっと上手くなるね。」とか言っていたのに翌年には大ブレークして、あちこちでタイトルを取り始めた。

by dogtownfactory | 2006-06-19 03:16 | dog sports

リレーのシリーズ

Bee とBarnee。両方ともリレーシリーズが結構感じよくなっている。特にバーニーの方はセーフティーを考えて作っていくつもり。
Beeは ちょっと飛びすぎ。

Passing Overhandはかなり見栄えがいいけど、やっぱりKiriが先にやっていたのと同じに見える。だから、名前は“Kiri Passing Overhand”にしておく。ほんとはちょっと違うんだけど。

by dogtownfactory | 2006-06-16 00:27 | dog sports

不幸中の幸い。でも、残念。

Kiriがけがをして、QC+cupを欠場?
せっかく、調子の上がってきた彼が仕事中の事故で左脚の親指と人差し指を損傷。全治3週間。残念。でも、不幸中の幸いは怪我をしたのがBuddyではなかったこと。人間の怪我は節制すれば間に合う可能性もあるけれど、犬ならひと月は無理。よかったね。それにしても痛そう。親指の爪が取れて、骨も欠けているらしい。
今日は、ヘンな日。麻紀がプリンターの角に、皇介がShopの棚にそして自分は木の枝の切り株に目をぶつけて痛っ。とどめが、Kiriの事故の知らせ。気をつけなきゃ。まあ本人が運転して知らせに来てくれたので、きっと大丈夫とは思う。でも、自分も手の指を落とした時は痛いの何のって、言葉で云えないほどだったから、Kiriも痛いんだと思う。強がってはいたけど。

by dogtownfactory | 2006-06-15 03:52 | dog sports

MINI GAME

雨模様の中、15チームの参加。会場のサラダパークは少し傾斜はあるけれど結構いいフィールド。結果はKIRI&Buddyが成長を見せてTOP.T夫妻が共に上位を占めたのはほほえましくてGood.S&Marineのルーチンは相変わらず個性があって観客をひきつける。よそでは点が出ないらしいけど。不思議。K&Amiはフリースタイルをミスアンダスタンディング。才能の無駄遣い。いい奴だけにもったいなし。でも全体的に格段のレベルアップ。メリッサも驚くと思う。あと2週間でUSDDN JAPAN QUALIFIER。楽しみ。みんな、出てくれる?心配。普段、なかなか、会えないようなチームに出てもらいたいものでっす。

ところで、UFOのルールのshowmanshipに関する記述はヘン。勘違いする人がいなければいいけど。UFOの某君が昔シアトルで3分間くらい会場じゅうのギャラリーに手を振り続けるにプレルーチンをやっていたけど、まさかアレじゃないよね。JDDNではギャラリーに必要以上のアピールをするようなプレーは絶対にやらないで欲しい。

by dogtownfactory | 2006-06-13 03:46 | dog sports

それでは、始めます。

アラスカから戻り、息つく間もないうちに始まった、春のセミナーシリーズ。群馬をかわきりに九州、四国、群馬、北海道、群馬と6週間続きました。各地に新しいフリースタイルの芽。新人チームがめきめき力をつけていて「驚き」。5,6年前に1年かかったレベルを半年でクリアーするのを見て、こちらも刺激を受けてしまう。また新しい何かを。

この2年間やってきたフィールドプレゼンテーションは、YASUDA&ハーツの優勝を始め、OKUYAMA&モモの活躍といった形で身を結んだと自負。バーニーとのルーチンもFPで高い評価をもらい、納得です。で、次はディスクマネージメントかな。と、この春のセミナーはそれをテーマに。リレーを含めたDMが次のフリースタイルの核に成長するはずだと思うのです。犬が楽しめて、人も楽しめて、ギャラリーに驚きと感動をあたえる。特に犬のアジリティーと人との関係性のよさを求められるリレーゲームは本当に面白いし、犬も飽きないので、これからどんどん発展するシークエンスだと思う。

ところでもうすぐ、USDDN。ルーチンを決めなきゃ。バーニーは時間がないので去年のでいいとして、BEEのルーチンだけ、すこしまとめておくつもり。

寝る前に、「Passingはフリースタイルの骨格なんだってば。そろそろ気づいた方がいいよ。」

by dogtownfactory | 2006-06-10 02:02 | dog sports