キューシープラスカップ

提供
犬ぞり、ディスクドッグのチャンプ達が薦めるドッグフードQC+


Kosuge&Andy 20
久しぶりの登場。アンディーの迫力あるVaultingやOverはとても病み上がりとは思えない。あとはフリーの中で大きなスローをちゃんと決められればもっと安定したルーチンになる。T&Fは5キャッチを。

Miyadai,C&Sophie 19
ジャッジに質問をぶつけたり、説明を求めたりと積極的で伸びる条件を満たしている。今後もSophieとやってゆくのであれば自分自身のルーチンを作り上げる方が楽しいはず。Sophieの隠された能力を引き出せるはず。

Yoshioka,K&Joee 18
T&Fで20P超えを記録したようにキャッチの上手な犬。ただそれがフリーの中では犬のスピードにプレイヤーが振り回されてしまうパターンになっている。遠隔のライダウンやサークルを教えて、自在にSTOP&GOを繰り返すようなルーチンはいかが。きっとはまるはず。

Takehara&Acca 17
ルーチンはOK。キャッチ率はまあまあ。問題T&F。J.ラッセルなのでやはりハンデを背負っている。それでも17.5Pはどうしても欲しい。不可能とは思えない。そして、17.5Pをあげるポテンシャルを獲得できればフリーのルーチンもバージョンアップが出来るはず。

Kimura,S&Natsu 16
あと一息で自分のスタイルを見つけられそう。犬、人共にポテンシャルはでかいのに不器用に遠回りしてきた。だけど、あと少しで突き抜けられる。キムラナツスタイルまであと○○日。

Yoshioka,M&Lissa 15
自分のスタイルに迷いが生じている。自分を信じて、自分のプレースタイルを信じて。今こそ引き出しの奥にしまっておいたあのトリック、このセグメントを引っ張り出してリメイクしていく事。引き出しの使い方次第でルーチンが再び輝きだすよ。T&Fの17.5Pは一応合格ラインかな。

Wada&Ciel 14
少しずつ色々なセグメントが溶けていて、力強いルーチンになっていかない。彼女のスローイングスキルで築き上げてきたルーチンが、そして、T&Fが輝いてこない状態。14位は悪い成績ではないけれど本人にとっては納得できるものではないはず。ちゃんとシチュエーションを設定した上での投げ練をすることで、スロースキルのリードを取り戻すことができるはず。
 
Sawa&Kira 13
フィールドに立った瞬間にその個性を感じるチーム。ただし、ルーチンは※リピテーショントラブルに陥っている。
(※リピテーショントラブル=ルーチン通して同じトリック、同じムーブ、似たようなセグメントで構成されている事)
多分、やりたいと思うトリックはすぐに出来ると思うので、シンプルな考え方ができればすぐにもっと、上位に上がってくるチーム。今のスタイルは新しいことにチャレンジしているワリには古臭く見えてしまう。本当にこんなプレーをしたいの?もっと素敵なスタイルに進化していけるはず。

Takehara&Turbo 12
本当にポテンシャルの高い犬は、ジャンプして、キャッチして、走ってキャッチする。そして、また走ってジャンプして、キャッチするだけでフリスビードッグの素晴らしさを表現してくれる。
そんな犬と出会った人は、その犬に『ディスクはキャッチすること』をゆっくりと確実に教えてあげてください。
初日最大ののサプライズがTakehara&Turboだったことは、誰の目にも明らかだった。

Yaguchi&Mau 11
すっかり上位に定着しているこのチーム。本人達は満足?それとも不満足?
JDDNではフリースタイラーの基本の能力としてスローイングのスタイルを求めている。これまで多くの素晴らしいフリースタイルチームがT&Fでミスを犯し、敗れ去ってゆくのを見てきた。自分もそのせいでタイトルを逃したことが何度もある。ある時、USDDNにT&Fのバランスを下げるべきと提案した(文句を言った)ことがある。USDDNの答えは簡単。
『T&Fで必要なポイントを取れないと言うことは、すなわちチャンピオンに相応しくないということだよ。』
Yaguchi&MauのT&F、先ずは5キャッチの17.5Pがノルマか。

Konishi&Cisco 10
何か困ったことがあった時に、人が速く動くことで解決しようとすると、犬はもっと速く動こうとする。結局、そのトラブルは解決出来ないことがよくある。このチームにもその傾向があるのだけれど、際どくこらえて、キレキレのルーチンを作り上げて高ポイントを得ている。但し、その分、T&Fに余裕がなくなってしまう悪循環にはまる。これは11位のYaguchi&Mauも同じ陥穽(落とし穴)にはまっている。ルーチンのテンションが高すぎるゆえにT&Fでもテンションが高くなってしまい、ちょっとしたミスを重ねてしまう。解決するには、Back ChainではないけれどT&Fを直してゆくのが有効。T&Fのリレーをきめ細かく創り直して、犬と人が正しい態度で向き合うことが大切。これはトアとのプレーをしていく上でも大切なこと。一つ一つのトリックを丁寧に積み重ねること。犬と人が慌てる事のないルーチンを組みたてることで、ルーチンそのものが成長していく好循環が生まれるはず。

Shimizu,Y&Hanzo 9
1Rの大きな崩れを2R,3Rと挽回していったけれど届かず。最終的にはハンゾウのドライブが落ちてしまった感がある。力まずに一つ一つセグメントを消化してゆく冷静さが欲しい。本当の個性は、隠しても隠しても滲み出てくるもの。このチームの個性も落ち着いた冷静なプレーの中から必ず滲み出てくるはず。シンプルな4~5枚のスモールセグメントを一つ入れてみたらと思う。TOP5でしょう。

by dogtownfactory | 2008-06-29 02:05 | dog sports