キューシープラスカップ

提供 信頼のドッグフードQC+

Yaguchi,H&Ricky 36
本人達の見た目とは違い、繊細な男と犬。
考えていることのレベルは高いけれど、プレイヤーの体力が追いつかない。センスは磨かれているのであとはプレイヤーのフィジカルを一度鍛えあげてみたら全く別のチームになれる。

Abe&Atom 35
一人でやりたい君。野球で発揮してきたポテンシャルはこのスポーツではなかなか発揮できない。ディスクドッグは見せるスポーツ。コーチング無しでは遠回りを強いられる。まして、すでに多くのチームが通ってきた道を一人でたどるのは時間の無駄になる。いずれは日本を代表するプレイヤーになるポテンシャルはある。

Toide,H&Vicky 34
せめて週に一度ルーチンをおさらいする時間を作ればもっと上位にいけるチーム。T&Fは17.5Pを。真剣にルーチンを練ってみたら?この人のユニークさがそこに滲み出てくるはず。

Tsujiyama&Non 33
個性のある素敵なルーチン。プレイヤーのスキルも戦うのに充分。只ひとつ、仔犬の頃からの練習方法に問題があったのかも。キャッチの大切さを夏の間に一から教えてあげることを徹底すればカッコイイチームになる。

Kimura,Y&Haku 32
ゲームでは気合の入るハクに拍手。ルーチンにこだわりすぎの生真面目な彼女にはこの際、ルーチンをもっとがちがちに進めて、犬の意欲を保つ作戦がいいかも。ちょっと考えてみるよ。

Nomura&Zeno 31
明らかなトレーニング不足。犬が歳をとるのはあっという間。もちろん、お子さんのこととか仕事のこととかがあって大変だろうけれど。トップ10を争う力はある。

Yoshioka,K&Hayate 30
本来この位置にいるチームではない。そろそろ小さなセグメントで基礎点を持ち上げる工夫をしてもいいはず。
ただ、それはハヤテに対する要求レベルを上げて、さらに明確にしてあげることが必要。

Toide.Y&Laura 29
もっと投げ込んで、トス練して、ルーチン練して、せめて週一回。出来れば週二回ちゃんとトレーニングして、犬と人を鍛え上げて。

Sakai&Adel 28
得意のはずのマルチプルセグメントに乱れがでている。まだまだいろいろな切り口でマルチプルセグメントを探してみたら。手伝うし。

Kurabayashi,A&Eva 27
今回はエバのキレキレのジャンプを見られなかった。トスのタイミングが崩れてきたのかも。もう一度、基礎のトスを確かめてみたら。スローももう一度正しい奴をインプットしてみてほしい。調子が良かった頃のプレーならもっと上位のはず。

Hirai,S&Prima 26
まだまだ犬のはしゃいでしまう気持ちに振り回されている。けれど3Rのキャッチ率が9割を超えていたのは明るい兆し。速い犬はゆっくりと動かす、遅い犬は速く動かす。これディスクドッグの基本。

Sugai&Silva 25
凄く進歩してきているチーム。ただ、まだ犬に振り回されている。ディスクの取り合いで犬に蹴りを入れていた。これはダメ。ましてトーナメントの最中にありえない。ほとんど当たってないけど、見苦しい。もう一回、見つめ直して。

Ishikawa&Viva 24
石川の頭の上をオーバーで越えていく若いビバ。キャッチすることを徹底的に教えてあげること。ジャンプする意欲を残しながらバイトするマインドを育てること。あらゆる手を尽くしてバイトマインドをこの一年間くらいで定着させること。ルーチンにカウンタートリックを使わずに、一つ一つキャッチさせる丁寧なトレーニングをしてあげること。大きな未来が待っている。

Kurebayashi,I&Ami 23
今回は体調が悪かったのか、本来のガンガン飛ぶフロート感がたりなかった。オーバーとエッグプラント系のコンビネーションとスモールキャッチを取り混ぜてセグメントすれば、Amiの消耗を防げるはず。賢いルーチンをAmiの為に用意してあげて欲しい。


Morishita&Hana 22
いつの間にか似たようなボルトを繰り返すルーチンになってきている。これはハナに対しては“too much”。今回参加している37チーム中、最も多くボルトを使っている。ハナへの負担の大きさをを考えるべき。せっかく順調に伸びてきているのにブレーキがかかってしまう。

Usami&Conis 21
フィールドプレゼンテーションとディスクマネージメントが直っていない。1,3RともZigZagで風上に寄ってしまって収拾がつかなくなっている。単純ミスだと思うので尚さらもったいない。もっとゲーム慣れが必要。T&Fも本来の力を見せてはいない。

Harasawa&Vicke DQ  
決勝ラウンドにはアクシデントのため間に合わず、参加できなかったこのチーム。初日の終了時点では17位に付けていたので非常に残念。ゲーム後のデモプレーを見ても、ほぼ完璧なエクスキューション。あと少しの工夫とスローイング力があれば代表の座も狙える。

by dogtownfactory | 2008-06-27 17:20 | dog sports