北海道のフリースタイル2008春

ラブキューブのゲームで北海道に出かけてJDDNなプレイヤー達のプレーを生で、そして※F-DSのプレーイヤー達をVTRで見てきた。

先ずラブキューブのプレイヤー達はトレーニングと本番の出来に差がありすぎるように感じた。彼らに一体どんなプレッシャーがあるのか。本当はもっともっと上手いのにただ焦って自滅しているように見えた。若干の風とShunsuke&ShackやKonishi&Ciscoの若い勢いにやられていた。まあ、良く考えると全体に1~2歳の若い犬がほとんどだったのであまり文句を言ってはいけないとは思うけれど。

ゲーム経験不足、ルーチン練習不足、練習のやり方そのものに問題あり?それぞれにポテンシャルの高いプレイヤーと犬達なのでいつかはスゲエチームになれるとは思うけど早く誰か飛び出してほしい。(やっぱり北海道の女性達への要求レベルは高くなってしまう。)

F-DSのVTRは印象的だった。

以前の北海道は見ているのがつらくなるルーチンがほとんどだったけど、優勝のTomohiro&Jetや2位のChiba&Gaiaはほぼ完璧なルーチンを見せていた。あと少しのフロートがあればどこに行っても必ず優勝争いができる本物の実力を見せていた。

ps,Abe&Iceに「デビューおめでとう。」

3位のIgawa&Irukaもあと少しの熟練度があれば一気に優勝が見えてくる凄くいいチーム。あと、Kawaguchi&Mapleはものすごく良かった。上手ではないけれど犬との関係性が良いので見ているだけで楽しめるチーム。グ~。

これだけの北海道のプレーがレベルアップしてきたのはルールが整備されてきたのか、ジャッジのレベルが上がったのかいずれ何らかの変化があったのだと思う。やるね。これなら次々に優れたチームが誕生してくるはず。
JDDN系のチームもきっとよくなって来ると思うのでまた北海道時代がやってくるかも。北海道は環境的に日本で一番恵まれているエリアなので競い合ってもっともっと高いレベルを実現して日本中のフリースタイラーを刺激してほしい。

(※F-DS 北海道に拠点を置く新しい団体。ルールはほぼJDDNと同じ。ただディスタンスの比重がかなり低い。)

by dogtownfactory | 2008-05-30 21:12 | dog sports