JDDNのフリースタイル

といってもまだ関東エリアでしかやっていないので一応関東のJDDNと断っておくけど。
JDDNシリーズ2戦を終えて一言。

ゲームが凄く盛り上がってジャッジが楽しい。レベルアップが激しい。
T&Fが 皆、安定してきているので最低でも17.5Pを取っておかないと優勝の望みは無し。
フリーは昨年、アメリカの連中をあっと言わせた円谷モノがさらにルーチンの難易度を上げようと新しい試みにチャレンジしていること。そして宮代JJや、平井俊介シャックがめきめき伸びていて円谷モノを追い上げていることでゲーム全体が活気に溢れているのが感じられる。この3チームはポテンシャルの大きさではワールドクラスだな。

安定した力を発揮している松浦パム、清水マリンは存分に実力を発揮しているけれど優勝に届きそうな爆発力は見せていない。

矢口マウや宇佐見コニスなどのニューネーム達はT&Fに大きな課題を残してまだトップ5には届かない。
桐沢ジェットや清水ハンゾウ、和田シエルはその実力からすると安定感のなさが目に付いてしまう。
佐藤ライズは相変わらず元気一杯だけどまだそれだけ。

関東勢ではないけれど小川ジェイは上位に食い込む力はあるけれど優勝するには説得力が足りない。
姫路の晴彦ベルクートは元気と楽しさを、そして山口の斉藤ヒカルは皆に驚きとヤル気をもたらしてくれた。 
四国の吉岡ハヤテ、リッサは後ひとつきっかけがあれば上位を占めることが出来るはず。がんばれえ~!

そしてここに名前の挙がっていない全てのチームたち。あと少しで次のステージが見えてくるよ。

関東だけでなく日本中のJDDNに参加してくれている全てのチームは自分達が世界の中心にいることを信じて。世界中が皆に注目しているよ。

次は北海道札幌。

by dogtownfactory | 2008-05-07 21:45 | dog sports