九州男児と楽しみな女性達

12月1,2日の阿蘇山でのセミナーの話

九州の男達は皆スローが上手い。あちこちで優勝しているつわものが多い。後発グループも安定したスローテクを持っているので、当日は正しくディスクをキャッチする犬を育てるためのスローテクの話が主体となる。

今回はShinjiに刺激を与えたかったのと、Saitouの進化振りを見たかったこと。そして、Imamuraの心に化学変化が起きているかが大きなテーマ。

Shinjiのポテンシャルのでかさは誰もが認めるところだけれど、最近は少しモチベーションが落ちているようなので何か小さなことでもきっかけを与えられればという思いで色々突っついてみた。来シーズンにはまた目をぎらぎらさせて、フィールドに戻ってきそう。
日本もそうだけど世界が彼の帰りを待っている。フーツォ!

Saitouは上手に犬を育てているものの基礎トレが不足気味で犬と人ともに迷路に入ってしまっている様子。これは、Trackingを覚えれば直ぐに解決できるので大丈夫。案の定、二日目には見違えるような動きをしていた。プリーマ!またひとつ怪物チームが誕生しそう。何事も考えすぎないように。イージー!

Imamuraはもう少し時間が必要。頭の中では分かっているのだろうけど、実際、彼のポテンシャルの3割も発揮できていない。きっと、Bingoのポテンシャルを考えて抑えているのだと思うけれど、それは奴に失礼だと思う。犬のポテンシャルを伸ばしていくのが人の役割だと気付かねば。ザク、ザーク!

Furusatoがアオの死を乗り越えて戻ってきました。新しいパートナーはほんわかしたとてもいい子。早めにルーチンを決めてそれをじっくり磨いてレベルアップしていく方法がいいと思う。おかえりなさい。笑顔を忘れずに。

ところでKatayamaはどこ?

Yoshidaは進歩の跡は見えたけれど、新しいことにチャレンジする意欲がもっと欲しい。あと、少し引き出しが欲しいところ。DVDを参考にしてサムシングNEWを取り入れて欲しい。(早く注文して。笑)

Naraに必要なのは軽やかさ。肩の力を抜いてかるーく演技できれば犬がもっとついてきてくれるはず。レフティーはそれだけで大きなアドバンテージです。スマイルオンユアフェイス。

今回の大発見。Naraという女性の名前を覚えておいて下さい。上のNara氏の奥様なんだけど、凄くいい。身のこなしや犬との距離感(精神的な)ともに抜群。(これを読んでもプレッシャーに感じないでね。)テクはないけれど、必ずよくなると思う。タイプとしては、清水マリンのようなルーチンの楽しさとエレガントな動きで見せていく。期待の新人チームです。

もうひとつの発見はヘニオ。これはもうでっかいポテンシャルをもった素晴らしいの一言。プリーマ!プリーマ!!
そして凄く上手に育てている。Tsujiは横浜から九州のセミナーに参加してくれた情熱も凄くいい。本人シャイ過ぎるきらいがあるけれど、これは時間が解決するはず。また参加して。きっと凄くなるはず。

Manamiはどうしていますか?

Matsuuraは群馬からドライバー兼で参加してくれてありがとう。
そして一年間群馬県で頑張ってくれたのにUSDDNの決勝ラウンドにつれていけなくてごめん。
来年はスタイルを一新して、ニューMatsuura&Pamを見せましょう。
それから、ブレーキは早めに!ダバイ、ダバイ!

by dogtownfactory | 2007-12-10 15:37 | dog sports