絶不調だったBEEの話

先々週の日曜日。PA を用意してタイムも計ってちゃんとルーチンを固めようと張り切って出かけたのに、肝心のBEEがけだるくて飛べない様子。それでも、せっかくだからと先ずはT&Fに出してみたらBEEらしくないミスがでて、ちょっと嫌な感じ。
フリールーチンにいたってはもたもたしてフリップマルチもキレの無い様子。案の上、便が緩み始めてその日から4日間下痢と嘔吐。木曜日くらいからようやく便が固まり始め一安心。原因はどうやら調子を落とした前日につまみ食いしたらしい鳥の骨。吐しゃ物の中にそれが混じっていたのと便の中にカルシウムの固まりみたいのが混じっていたりとか。ほぼ一週間かけてようやく元気になった。むかしの犬であればなんてこと無いけれど、守られて育てられてきたBEEたちにはダメみたい。昨日はだいぶ調子が戻ってきたのでUSDDNへの影響はなさそう。ほっ。

ところで、個人的にディスクマネジメントがちっさいブームになっている。USDDNのルーチンを固める作業の中で、時間が10秒くらい足りない状態が続いていた。で、始めたのがディスクマネジメントの修正。ジグザグの出口を変え、グランドに置くディスクの場所と手にもつディスクの数、プレーを始める場所や向きを少しずつ修正したら5秒くらい短縮に成功。パーフェクトキャッチならほぼ120秒にすっきり。こんなの初めて。本番で決めてみたいよな。もしルイビルで上手くいったら、来年のセミナーテーマはディスクマネジメントに決定。おもしろそ。

by dogtownfactory | 2007-10-29 14:09 | dog sports