スプリングシーズン 6

Ariel Championship と 朝霧セミナー
金谷ユウタは伸び悩み。ほんとはもっと出来る。戸出ヴィッキーは練習不足。ただ、そんな中で参加してくれたことにありがとう。橋本レナは少しずつ成長している。レナにキャッチすることの大切さを丁寧に教えてあげて。辻山ノンも同じです。先ずはディスクをキャッチさせることです。紅林エバはあと少しの理解で変われそうです。エバの持つ凄みを皆に見せ付けて欲しい。桐沢バディーは、ルーチンのレベルをワンランク落としてバディーに楽をさせてあげること。バディーに「音楽が流れたら楽が出来る。ゲームの日は楽勝」って思わせてあげる。きっと、面白いことが起きるはず。金谷コモモは、楽しくて可愛くて。さて、次はどうしますか。それを決めるのは貴方です。時安マーブルは急きょ平井マーブルに変更。平井俊介はバーニーよりもマーブルとのプレーが合うらしく、スムーズに動けていた。2ヶ月のキャリアとしてはまあまあ。冷静に行動すること、考える時にフリーズしないこと。犬に優しいスローをすること。かんしゃくを起こさないこと。etc. 吉岡ハヤテ。もうベテランチーム。プレイヤーがもっと冷静に積み重ねてきたスキルを発揮しなくちゃ。佐藤ライズ。これからのチーム。トレ過多。やりすぎ。犬を押さえすぎ。跳ばせすぎ。グッドドッグ。グッドプレイヤー。ラックオブエクスぺリエンス?反対に竹原アッカは経験を生かした落ち着いたプレーが光っていた。アッカも年齢を重ねるごとに理解を深め、いいパフォーマンスをするようになっている。次は何か見ている人たちを味方に引き入れるような斬新で楽しいトリックを見せて。
D2にもいくつか楽しみなチームが居ました。若い犬のチームが多かったのでここではコメントしません。大切に育てていってください。犬はちょっとしたことで心を閉ざしていまいます。

第一回ArielChmpionshipに駆けつけてくれた皆さん。ほんとにありがとうございました。

ここから朝霧セミナー
朝霧では風邪が吹き荒れた前日のゲームとは異なり、ほぼ完璧な天候。うんと、若い頃にスケートボードのバーティカルのコンテストで御殿場に何日か滞在したことがあったけれど、今回のように富士山がきれいに姿を見せてくれたのは初めてかも。
プレイヤーでは佐藤ライズが珍しく素直にアドバイスを聞いていた。何か思うところがあるのか、いつも一言多い彼が一生懸命アドバイスを受け入れようとしていた。伸びるかも。つづく
b0088395_12453267.jpg

by dogtownfactory | 2007-05-06 12:33 | dog sports