スプリングシーズン 4


Ariel Championship と 朝霧セミナー
前日の設営は午後二時頃に、終了。フィールドチェックでBeeを走らせていたら急にびっこをひき始めてチェックをしたら、前脚のパッドがえぐれている。急きょ調べてみると、フィールドのあちこちで細かいネットが露出していてそれに引っ掛けてしまったみたい。これじゃあ、ゲームにならないと4時過ぎから場所をネットの無いところに移して設営し直し。お手伝いいただいた皆様ありがとうございました。入念な再チェックでほぼ完璧なコンディションでゲームを迎えられる状態に。気になるのは、悪くなりつつある天気予報。何とかもって欲しい。

当日。参加チーム数はフリーだけで46チーム。驚き。南関東での開催でJDDNでは珍しい名前のBigNameがちらほら。けれどやっぱり、阿部アリアが培ってきた人脈がモノを言う。阿部アリアのゲームであればと日本各地から集まってくれた。良かったね。
ゲームの方は、AWIの2006チャンプの石田ラスティーが貫禄を見せて優勝。これは想定内。難波レイが2位に入って気を吐いた。もっと自分を抑えたら立っているだけで格好いいチームなのに。結局犬に助けられた感あり。惜しかったのはArielの円谷モノ。すごく評価の高いルーチンだったけれどいいところでの凡ミスが目立ち3位に終る。個性的ないいチームでした。4位は優勝候補だった、小西トア。トアは跳びまくっていたけれど、ディスタンスがイマイチだったのとドロップトラブルが解消しきれていなかったのが敗因。トア気合が入っている時にこそ陥穽が待ち受けている。難題。5位は松浦パム。緊張して良くない出来だったたけれど、ちゃんと5位に入っているのは実力をつけているということか。そのほか途中で相方のベリーふんづけてしまって棄権となってしまった広瀬ベリーはぞくっとするほどのいい演技(トッド・ダンカンみたい)をそこまではしていた。これはほんと。
吉岡リッサと矢口マウがすごくいいルーチンをやっていた。犬の個性を生かした、独創的な内容はギャラリーのみならずジャッジをうならせるものがあった。ルーチンの出来は悪かったけれど桐沢ジェットの「KIRI」と名づけられたニュートリックはトリッキーで新しくて、格好よくてしかも犬に優しい。僕は大好きです。Beeとやってみたら、結構はまりそう。日本では使わないのでアメリカで使わせて。お願い。つづく

by dogtownfactory | 2007-04-30 14:47 | dog sports