スプリングシーズン 2

ミルトスセミナー つづき
Koike & May
少し硬くなっていたのか、表情に乏しく残念だったけれど、フリーは格段の進歩がみえて嬉しかった。きっと普段はもっと楽しくやれているはず。じゃなければ、Mayがあんなに頑張れるはずが無い。
Yuka & Tink 
着実に実力を付けてきている。Yuka独特のリズム感は見るものをひきつけていいけれど、チームのレベルアップを図る上ではそれが邪魔をしている。どこかで、基本的なスキルを徹底して磨く必要がある。
Morita & Tabasa
オーシー特有のドライブの不安定さを上手くコントロールできれば、もともとポテンシャルの高いプレイヤーなのできっと良いチームになるはず。そしていつか、素敵なルーチンを見つけて強いチームになる日を。
Kimura & Haku 
あわてずにゆっくりとHakuのドライブを高めていってください。二人とも大丈夫です。
Okada & Wendy
もう一度Wendyとのルーチンをじっくりと練ってみることが一番の課題です。彼女が安心して集中できるルーチンを。
Shine & Silva 
練習不足かも。もっとしなやかに、もっと軽やかにふたりのルーチンを固めてみたら。たくさんビデオを見て、色々試して欲しい。
Sugai & Silva
順調。ビデオチェックで自分の姿をしっかりと見ること。
Asai & AJ
短い時間で、伝えきれないことがたくさんありました。もう一度チャンスがあれば。素材としては充分です。
Sugai & Lyn
本人がどう思っていても、Lynは 必ずいつか課題をクリアーして皆の喝采を浴びる日が来ます。その日が来るまで、焦らずにあきらめずに、笑顔を忘れずに。
Shunsuke
恥をかきながら、くさらずに貪欲に。うまくいかないときにも必ず光るものを発揮している。ほんと。
Kodai & Puppy Boxers 
きっと日本中を驚かすチームになるはずです。ディスクに偏りすぎずに、楽しんでやるオビやアジリティーなども取り入れながらゆっくりと育てて欲しい。
Nakayama & Jessica
ディスクのスピンだけで、犬のパフォーマンスが大きく変わるいい例。Nakayamaのスローやトスが不安定になっていたコトから起きたスランプ。フラストレーションが溜まっていたはずのJessicaが見違えるような動きを見せていた。
Nakayama & Canna
Cannaは大丈夫です。
明日は、Dog Wood Festivalが開かれるアトランタに出発です。

by dogtownfactory | 2007-04-10 21:26 | dog sports