Difference between Japan and the others.

英語を使うのはタイトルだけにしておきます。
もし、貴方が外国人で日本語が分からないのであれば、翻訳ソフトを利用してください。
可能な限り分かりやすい、日本語で書きます。
それでも分からなければ、私のFBにアクセスしてください。

What's the Difference?

① Low High Method
② Footwork between trick to trick
③ Command and Sign Method (Communication Method)
④ Way to think about Disc Management
⑤ Way to think about Field Presentation

①については、これは日本のプレーヤーのほとんどが当たり前のようにやっている方法です。 単に犬がディスクをキャッチしやすくするために、人の眼と犬の眼の間でディスクを見せたあと、一度、ディスクを下げてから投げる(ディスクを引いてから投げる)方法。アメリカのトレーシー・カスターは以前からこの方法を実践しています。
②については、トリックとトリックの間に無駄の無い、数歩のフットワークを入れることで、トリックからトリックへスムーズに移行する方法です。トリック直後に、次のトリックに入りやすいポジションに素早く、しかも慌てずに移動することが大切です。アメリカのB.Eオジサンが結構上手でした。
③について、ここで話すのは凄く難しい事です。多くのプレーヤーがコマンドを発すると同時にディスクを投げます。しかし、日本人(player who use Yachi's Method.)まず、コマンドを言った後に、ディスクを①のように見せてからディスクを投げます。そうすることで犬は明確になすべきことを把握してから行動(catching)します。B.Eオジサンは奇妙なコマンドだったけれど、これを正しくやっていました。貴方がアメリカ人であれば、彼のビデオを研究すればなすべきことが、少しは理解できるはずです。
④については、簡単です。日本人はルーチンの最中に犬をうろつかせて(足元にまとわりつかせて)ディスクを回収する姿を見せるのはBREAKと呼び、恥ずかしいことだと考えています。Sabine.Wolfは最初から最後まで、犬を止めないでルーチンを実践していました。
⑤についても簡単です。犬については少なくとも一度はフィールドの両端でディスクをキャッチする姿を見せたいと考えています。人は少なくとも3か所の異なる場所でそれぞれのセグメントを実行します。このことはフィールドの一か所のみで演技を続けるルーチンと比べ、大きく印象を変える事が出来ます。

ここで、大切なのは④と⑤を同時に実現するはとても難しいということを理解することです。しかし、もしも、それを同時に実現して、①②③を
確実に実行することで難しいトリックを高いキャッチ率でスムーズに演じる事が出来たなら、あなたは限りなく優勝に近付いていると言えます。

日本人の多くは①から⑤の全てをいつも意識して演じています。 もし、それが出来なければ、日本の予選を勝ち抜くのは不可能だからです。

それから、日本人は決して同じトリックやセグメントを繰り返して使いません。

What do you think?


b0088395_10582945.jpg

by dogtownfactory | 2012-10-30 10:58 | dog sports