どうして

世界中の人が言うように日本のディスクドッグはレベルが高いと思います。
フリースタイル競技もディスタンス競技も共に、他国を圧倒する実力を持っていると断言できます。

どうしてそうなったのかは誰にもわからないけれど、他国と異なるお国事情がそこにはあると思います。
何よりおおきな違いは、アメリカやヨーロッパと日本の練習環境の違いがあります。それは日本人なら誰でも経験している、犬をノーリードで放すことのできる公園や広場が少なさです。

その為、日本では数少ない犬OKの場所には必然的に多くのプレーヤが集まるようになりました。
そのことで、プレーヤー達はいつも他のプレーヤーの演技や練習を見る事も出来たし、互いにアドバイスする場面は珍しい事ではありませんでした。

ところが欧米、特にアメリカでは事情が大きく異なります。広大な国土に住む彼らにとって、練習する環境は少し周りを見渡せばすぐに見つけられるものです。練習はどうしても単独で行うようになります。

勿論、単独で練習するのがいけないわけではないけれど、他人の視線で見てもらうのはどんなスポーツでも大切なことです。日本の深刻な練習場不足が結果的にはその成長を促進させてきました。


多分ね。たぶん。

by dogtownfactory | 2012-10-09 00:07 | dog sports