真剣勝負をするお祭り

(プロジェクトX風NA.)

十数年前。

まだ日本にフリースタイル種目は無かった。
選手達は熱望していたが、日本人にはまだ無理というのが主催者の答えだった。
彼らは『そんなにやりたければ自分たちでやれば。』という言葉で日本のフリースタイルを否定して見せた。

仕方なく、自分たちで始めた。
日本初のフリースタイルコンテストだった。

もちろんルールや運営の仕方はまだまだ初心者のものだったけれど、みんなが集まって手作りで気持ちのこもった演技をぶつけ合うことで楽しめた。
しかし、どんなに楽しくともいつもその場限りで次はいつになるのかは見えない開催だった。

『もっともっと思い切り楽しみたい。』
『今年も来年も再来年もずっと続くゲームが欲しい。』
『一年に一度、力いっぱい目指すことの出来るゲームが欲しい。』

自分が出場することをあきらめれば出来ることに気付いた。

真剣勝負をするフリースタイラーのお祭りドグタウンカップの始まりだった。

(NA 終わり)

出たくない人は出ない。
出たい人は出る。
出たくとも出られない人は大勢いる。
出られる人は出た方が楽しい。
最初から、ドグタウンカップがあった人が羨ましい。

多くのスタッフやベテランズの助けで、今年は出場できそう。 Good!!

by dogtownfactory | 2011-09-16 11:07 | dog sports