竹原リック

彼女がターボとのコンビで活躍を始めた頃、その実力をいぶかる人たちもいた。
しかし、リックとのコンビでドグタウンカップで2連覇を果たし、USDDNの予選ラウンドを2位で通過する活躍をみせた頃には押しも押されぬトップチームになっていた。
そのプレースタイルは今ビデオで見てもスピード感にあふれ、いつも驚きをふりまいて新鮮さを失ってはいない。
彼女に比較されるのは宇佐見コニスだが、当時の竹原がまとっていたオーラと『勝つんだ。勝つわよ、リック!!』という気迫はまだない。
会場の空気をいっぺんに変えてしまい、トーナメントのクオリティーまでも変えてしまう。
今でも忘れられ無いチームは?と聞かれたら迷わず竹原リックとこたえる。
ドグタウンカップを語る時に真っ先に名前が出てくる。

by dogtownfactory | 2011-09-08 22:15 | dog sports