ドッグスポーツ

犬ぞりとディスクドッグ。
この全く異なるドッグスポーツに共通して言えることは

『決して、犬のドライブだけを頼りにトレーニングしてはいけない。』

ということ。
というか、全てのドッグスポーツに共通しているはず。
だから、「ほら、犬のテンションをあげて!!」というトレーニングは以前も書いたけれど無し。

これは一体誰に向けて書いているのだろか。

犬ぞりもディスクも同じなのは、犬に無理強いすることは決してできない。
俺たちが立つことのできる前提は、「犬たちはやりたがっている。」Dog Wants To Run(Catch)! のみ。
ディスクや犬ぞりはどこまで行っても彼らの正しいふるまいperformanceに対するご褒美と考えればいろいろな事が簡単になってくるはず。

だから、走らせろと騒ぐ犬やディスクをよこせと要求する犬に応えてはいけない。
ホントに簡単なこと。

最後に残るのは『正しいふるまい、つまり正しいドライブ』だけのはず。

理屈っぽい?

by dogtownfactory | 2010-12-03 12:32 | dog sports