USDDN National Final & World Final

ときどき、風が吹く程度で気温も25度前後。
望みうる最高のコンディションで迎えたナショナルファイナルとワールドファイナル。
もう、ライブストリームで状況や結果は伝えられているはず。

D2は撮影で十分な準備が出来ないまま力を発揮しきれなかったSakai&Matraは順位こそ悪かったが、Matraのポテンシャルの高さで、会場は騒然。
あちこちから声をかけられていた。
これは予想通り。

Futami&Cisco、Yoshioka&Lissa共に予想以上の高評価を貰い、これがD2かと思えるほど高いレベルの14チームの中でそれぞれ2位と3位。
もともと、そのエレガントな女性らしいスタイルでアメリカでのポイントが高いYoshioka&Lissaは勿論だったがFutami&Ciscoのポイントはこちらの予想を大きく上回っていた。
独創性のあるTeam MovementとCiscoのAthleticismが高いリスペクトポイントを獲得していた様子。
これはいい傾向。


優勝は自国でのクオリファイがなかったため、出場を逸したポーランドのCarolina&Java。
Super Open Freestyle(D1)でもTop18に入る事が出来る実力を証明した。

SOPF(D1)はご存知ようにShaun&ShaQの圧勝。
他のチームとは現時点でのステージの違いを見せた。

多くの人たちからの祝福を貰い、「翌日も楽勝だ!」ムードが会場全体に流れたがそうはいかないのがUSDDN World Finalの難しさ。

ワールドファイナルの当日。
そこまで、フリースタイルの4R全てで最高点を出したShaun&ShaQ。
トスフェチ一投目のFFフットフォルトからリズム狂わせて、ShaQにプレッシャーをかけてしまったShaunの最後の一投は高く上がり、ShaQはこれを落とし13Pに終わり、会場を水を打ったように静まり返った。
本当にありえないようなことが起きて彼らのWorldタイトルはまたも幻に終わる。

ま、実力だけで勝てるならこっちはもう5連覇くらいしてるはずだな。


それより、この何年も見たことがないFFフットフォルトが日本選手の中で二人も出てしまった(もう一人は秘密)ことから、これは取りも直さず、JDDNの運営スタイルにFFに対する意識の薄さがあったのはまぎれもない事実。

やはり、国内のゲームでしっかり対応しておかなければと冷や汗が流れる。

逆にS&Sの撃沈で盛り上がった優勝争いは、2.5ポイント差以内にChuck&BlingBling,Marak&Rocket,Preston&Skye,Futami&Lusheetaがひしめき合う大接戦に。

最後は過去最高のルーチンを見せたFutami&Lusheetaが3ミスのPreston&Skyeを逆転して3位に飛び込み、残り10秒のドッグキャッチの後から3発のトリックスローパッシングを決めきってテキサス男のガッツを見せたChuckが優勝を飾った。
本人いわく、
「Shaun&ShaQの存在が自分をかきたててくれた。彼らがこのスポーツ活気を与えてくれている。本当に感謝している。彼らがいなければここまで頑張れなかったんだ。」
だと。

どこまでもいい奴。

Congratulations, Chuck.

残念だったのはトスフェチで力を出し切れなかったKimura&Haku。
ほんの数メートルがどこまでも遠い。
でも、フリーでは実力を出し切り、笑顔がはじけていた。

涙を飲んだのはにナショナルファイナルでTop18に残り(12位)進みながら、Toahの故障でワールドファイナルに出場しなかったKonishi&Toah。
今年こそは優勝を意気込んでいただけに、辛い決断だった。
大型犬の持つ宿命的なトラブルを今回はクリアしきれなかった。

男性陣が上位を独占した今年のワールドファイナルで日本のMatsuura&Pamが女性のトップで8位に入り意地を見せたが昨年の4位の実績からはダウン。
レベルアップが著しい現在のUSDDNでは今一つパンチ力を持たない限りさらに上位を狙うのは厳しいか。
それでもこのチームの実績は十分にワールドクラスの実力を証明している。

最後の最後に犬をチェンジして新しいキャトルドッグでSuper Open Freestyle (D1)に出場したTracy Custer。
ワールドには進出したものの1R終了時点で棄権。
狙いをSuper Pro Toss & Fetchのタイトルに的を絞り、見事ナショナルとワールドの両方を獲得。
気がついたら、でかいトロフィーを二つ手ににっこり。

【ところで彼女からキャトルドッグのオファーがあったので、即決。
これで、来年の今頃ドグタウンはBorder Collie, Dutch Shepherd, Staffy×Mini Ausie, Malinois, Cattle Dog, Staffy×Border, Italian Hot Dogといったバラエティーあふれる布陣になりそう。がは。
日本にDisc Dog新時代が始まる。】

by dogtownfactory | 2010-10-22 18:50 | dog sports