カンバシエーション


こちらではヨーロッパやアメリカのUSDDNステアリングコミュニティーメンバーと会う機会が多い。

その都度、話題にしているのがルールのこと。

中にはオリンピックのように団体戦をやりたい。というような楽しそうな案もでてきて議論が尽きない。

但し、これはルールというよりは種目の問題なので後回し。


何より変えたいと思っていたトスフェチとフリーの点数配分。

現状の 15 対 85 のバランスを 10 対 90 位いに持っていく為に決勝のフリーを
2倍にしようという提案。

ヨーロッパのメンバーや一部のアメリカメンバーからは、ある程度の賛意を得られたけれどルールの基本案作成に関わったメンバーたちから猛反発。

その理由は数学的な根拠が乏しいからだと・・・・・。

では 15 対 85 の根拠は?と訊いても答えは 『みんなで考えてきめた。』 なので、らちが明かない。


次の手は22.5P というリミットをそのままにして、そこに到達するまで点数が加算されるというのはどうだろうかというルール変更。

これだと30ヤードに届き、7投決められれば22.5P に届くという案。

色々な意見はでたけれど感触はいい。


けれど実際にその方式で採点して、何かリザルトに変化がおきてゲームが活性化されるのかを試さなければ判らない。

ということになり、次のビッグゲームは日本のPODG。

ここで実験的にやって見ることに。

その上で改めて公式のプレゼンを行う。

 楽しみ!!

そして、『もうすぐチームジャパンがアトランタに到着する。』

by dogtownfactory | 2010-10-13 23:28 | dog sports