Dog Town Cup Stories 1

ドグタウンカップは年齢こそ違うが、この一年間しのぎを削ってきたNanba&ReyとShunsuke&Shackの一騎打ちに。

勝利の行方は普段、使っていないチームムーブメントをルーチンに入れて、Reyのポテンシャルを際立たせたNanbaに。

Shunsukeは最近の好調さがあだとなり、得意のチームムーブメントに僅かの隙を見せ、その影響でルーチン全体に気負いが出た。

いずれにせよ、この二人は世界の5本の指に入るフリースタイラー。最終的には世界という場でその雌雄を決する時が来るはず。

その時がJapanという国のレベルの高さを世界に示す時なのかなとジャッジをしながら感慨にふける。

そしてその二人を凌駕するフリーを見せたのがKonishi&Toah。
初日の絶不調から、マッサージング、ストレッチなどのケアーを重ねて見違える決勝ラウンドをみせて、会場を一気にヒートアップさせて見せた。
3位に入ったMatsuura&Pamと合わせて日本の女性チームも十分に世界を狙える位置にいることを証明してくれた。

つづきます。

by dogtownfactory | 2010-09-21 09:59 | dog sports