もう一回ソロモン流の話

どうしても言葉が足りなくなってしまう。
撮影に協力してくれたみんなに感謝しています。
犬ぞりのシーンはもっと沢山映ると思っていたのに実際はほんのわずか。
年に数回しかない悪天候だったために十分な映像がとれなかったためらしい。
いろいろ配慮してくれたKouetsuを始め犬ぞりの仲間たちに悪いことをしてしまった。
ごめん。
九州、四国、埼玉と北上しながら俊介が成績を残していくはずが埼玉でも3位に終わり、物語の比重が埼玉から外れてしまったこと。
MonoやHanzo,Jour,Marine,Natsuなど見てもらいたい犬が沢山いたので残念。
四国のAskaやMeiやTenka,Pattyも見てもらいたかった。
まだまだいるけれど、それでもソロモン流に感謝しています。
一般の視聴者にわかってもらいたかったドッグスポーツの根っこの部分は伝えてもらえたと思う。(ん?根っこは北海道弁!?)

何年か前にZONEに取り上げてもらった時の辛い思いとは雲泥の差。
もちろんどちらも事実を積み重ねたノンフィクションではあるけれどZONEのときは最後の最後にこちらの思いとは全く異なるみじめな扱いをされたので、二度と見たくない番組になってしまった。実際あれから一度もみていない。
今回のソロモンは本当に心に残る番組になった。Zushi君そして制作に携わっていただいたすべての皆さんに感謝しています。ありがとうございました。

最後に、確かに実際より丁寧な優しい人柄に映っていたけれどこれは演技ではなくて編集のテクニックだと思ってください。これもZushi君に感謝です。

ともあれ、今週末には再度、秋が瀬公園でARIEL。
勿論、、精一杯、集中してみんなの作り上げてきた作品(ルーチン)をジャッジさせてもらいます。

by dogtownfactory | 2010-04-22 22:03 | dog sports