QC+CUP2009 report

暑過ぎず、無風。やわらかな芝。
ほぼ、ベストの気候とフィールド。
望みうる最高の条件が整った四万十に九州から群馬から31チームが集まった。

QC+CUP2009を制したのはYasuda&Genio

Yasudaは強いハートと確かな技術でGenioのポテンシャルを引き出して、多彩なトリックで会場を沸かせたShunsuke&Shack(3位)に半年ぶり敗戦をプレゼント。

Konishi&Toahはベストからは遠い内容ながらそれでも余裕の2位。ポテンシャルの大きさを証明。

不安定な内容でも定位置は確保したMatsuura&Pamは4位。

進境著しいUsami&Conis。今回は決め切れず5位。遠征慣れが必要か。
ここまでがUSDDNのクオリファイが決定。

同じく、遠征で力を発揮しきれなかったのが6位のKimura&Natsu。クロージングに難あり。ひと工夫が必要かも。USDDNアルタネイト決定。


オープニングチームとして急きょ出場したKonishi&Ciscoの7位はお見事。ハーフタイムのデモでCiscoに負担をかけなければさらに上位も見えた。

大健闘はNara&Anjuの8位。落ち着いたプレーとディスタンスの安定感。スローイングのスキルも抜群。さすがに九州のプレイヤー。さらに上位を狙ってほしい。
USDDNアルタネイト決定。

安定した力を見せたShiraishi&AskaYamkasaki&Ooka。9位と10位。四国をリードしてもらいたいので一言。    
Tough him up! Find your own style!!

Yoshioka&Lissa。最近安定していたディスタンス(T&F)で13Pで沈む。フリーが良かっただけに残念な11位。
同じくディスタンスで7.5PのYaguchi&Mau。フリーのきらめきがT&Fでは消える。13位。

12位と15位のYoshioka&Joee,Hyateは、自分自身の体幹を鍛えてプレーに重みを付けることが必要。一度、走り込みとか筋トレで自分をいじめてみるといいかも。この順位はおかしい。

ひそかに期待していたNakayama&Berkt。ルーチン練習が足りていないのでフィニッシュできず。練習時間か方法に問題があるかも。

Saitou&Hikaru。犬、人ともにポテンシャルの大きさは衆知のチーム。ルーチンをもっとシンプルに組み立てて、犬に自信をつけてあげることが何より大切。本当のスローイングスキルは犬が取りやすいディスクを投げ続けることができるということ。すぐにでも優勝を争える力はある。16位。

徐々に実力をつけてきているKimura&Prima,Haku。17位18位。ひところ見られた本番でのテンション過多が少なくなってすごく良くなってきた。ここまで時間がかかった分だけこれから安定して伸びていけそう。

徐々に弱点を克服しつつあるYamasaki&Tenka。19位。まだTenkaのテンション頼みになっているところが見られる。逆にテンションを下げてTenkaに伝えることが大切。

安定したフリーを見せたYanagihara&SeiraはT&F11Pで沈む。四国を代表するフリースタイラーではある。20位。

Okabayashi&Patty。好感度の高い楽しげなルーチンながらT&Fの不安定さで実力の半分も出ていない。もっともっとリレーとハイディスクの練習を。21位。

22位のChochi&Rinは今回のゲームのサプライズチーム。人、犬ともに文句なしのポテンシャルを見せて会場の空気を一変させていた。ただし、大きめのバックボルトはトスがバーチカル気味でいただけない。一杯ビデオを見てはやく自分のスタイルを見つけてほしい。

23位のUsami&Cocoa。 Be cool and easy!

Matsuura&Pingooは何をそんなに急いでいますか?まったく逆の方向に向かっている。犬をちゃんと止めてあわてさせないこと。24位。

25位のShimeki&Ashは1Rのフリーで見せたきらめきを忘れないこと。まずはどこかのゲームで持っている力を3Rの最後の1秒まで出し切る経験をすること。

26位はKoike&Mei。まずT&Fで5キャッチを決めること。すべての評価はそこからだと思う。もしもT&Fで15Pを獲得してTOP10の位置で決勝Rを迎えることができたらもっとFocusされてMeiの素晴らしさを発揮できるはず。


Yamasaki&Lager。もっとゲーム慣れが必要。決勝Rまで集中力が持たなかったという印象。その気ならもっともっと上位を狙える27位。

Kimura&Alohaはもう一つのサプライズチーム。28位。若き日のI&Rを彷彿させるスムーズな動きと落ち着き。本人は緊張でがちがちだったようだがこれは間違いなく四国の宝になる原石と見た。夫君にも期待。

Iyota&Anriのゆったりしたフリーはこのスポーツを楽しむという意味で絶対アリ。どうせならT&Fをもっと練習して上位を目指して。

T&Fが3.5Pで涙をのんだNara&Jackは努力の跡が見えて好感度が高い。逆にT&Fを武器にするくらいに鍛え上げる戦略はどうですか。

Ueno&Rasta。走って、笑って、汗かいて、我慢して、喜んで。できたてのフリースタイルチーム。一緒に頑張りましょ。

by dogtownfactory | 2009-07-05 01:33 | dog sports