右肩の話2

第3期

懸命のリハビリは逆に激しい痛みを引き起こしてどうにも我慢できない。クリニックやセミナー、ゲームでつい無理をするせいもあって、治まる気配がない。もう3か月近くなるのに治らないのはやっぱりおかしい。
で、宇佐見さんの紹介で前橋の痛み専門の病院へ。レントゲンを撮影し、簡単な問診のあと。
「切れてますね。肩板損傷(腱板か)ですね。」
「あと、骨と骨が当たって炎症を起こしている。」
「ここでは治せないですよ。手術ですね。どうしますか。手術するなら紹介状を書きますよ。ここでは痛みを抑えることしかできません。」

「痛みが抑えられるなら、とりあえず我慢してみます。」

ステロイドとヒアルロン酸の注射を肩に一発。打ったとたんに肩が楽になりさっきまでぎりぎり痛んでいたのがうそのよう。これなら手術とか言わずに月に2回程度の注射で済ませられるかも。
スローも普通に40ヤードは狙えるようになり一安心。

現在

が、昼間の痛みは我慢できるレベルになっても夜の痛みが耐えられない。特にディスクを投げ込んだ日の夜は痛みに耐えて疲れ切ったころにようやくうとうとするといった状態。寝返り不可。
注射も回数を重ねるごとに効きが悪くなるみたい。
イライラが募り家族に対する口調もついきつくなる。

群大付属病院だけが最後の望みらしい。専門の大先生がいて、いくつもの手術をこなしているとのこと。
耐えきれず「紹介状を書いてください。」

早朝から、受付に並ぶ。こっちは痛くてたまらないのに問診の予約とレントゲンとMRI検査の予約。大先生に会えるのは1ヶ月後らしい。すでにめげそう。いったいどうしたらいいのか。だましだまし我慢するしかないのか。バーチカル出身なので痛みには強いはずなのに、すっかり弱気。
結論が出るのは6月の下旬になりそう。誰か教えてほしい。

ところで、左投げは相当うまくなった。

この項終わり。

by dogtownfactory | 2009-05-31 01:00 | dog sports